« *ずっぽし | トップページ | *テレビで視聴した鳥取弁は遠州弁に近いや否や »

*ちっとばか その2

「少しくらい」と言っている。

「ちっとばかいいじゃん。貸してやあ。」

直訳すると「少しくらいいいじゃないか。貸してくれよ。」

この場合の「ばか」は「くらい」・「程」とかいうことになる。つまりここでの「ばか」は「馬鹿」ではなく「ばかし」の略したものであるという事。

「ほんのちっとばか分けてくれんかねえ。」

直訳すると「ほんの少しばかり分けてくれないかねえ。」

この場合の「ばか」は「ばかり」。

「ばかり」(許り){副助詞}で「ばかし」は「ばかり」の俗語と辞書にある。

従って同じ言葉という事になる訳だが上記の例文を

「ちっとばかりいいじゃん。」・「少しばかし分けて」とかにするのは違和感を感じる。

使いどころとしては頼みにくい・言いにくいことを頼む際に発せられることが多い。他所の人からしてみれば「ちっとばか」と聞いた印象はぞんざい・横柄というものであるが頼むごとをする際に下手に出ている事を表現している言い回しなのである。

もちろん「ちっとばかのこんでひゃあひゃあゆうじゃない」といった「些細な」といった意味で使われる事もあり、大したことじゃないだろうという量の多い少ないという意味に限らない使い方をするものである。

「ちっとのこんでひゃあひゃあゆうじゃない」と

「ちっとばかのこんでひゃあひゃあゆうじゃない」とでは

「ちっとのこんで」は些細な出来事でと言ってるのに対し、「ちっとばかのこんで」は器量(了見)が狭いという言ってるというニュアンスの違いが感じられる。

|
|

« *ずっぽし | トップページ | *テレビで視聴した鳥取弁は遠州弁に近いや否や »

1-2・遠州弁ち行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51555891

この記事へのトラックバック一覧です: *ちっとばか その2:

« *ずっぽし | トップページ | *テレビで視聴した鳥取弁は遠州弁に近いや否や »