« *「なのか?」=「なか?」 | トップページ | *たっきやあ »

*「のか」=「だ」・「な」

例えば「どうしてそういうことを言うのか。」

これを「なんでそうゆうこというだ?」・「なんでそうゆうことゆうな?」と言うということである。これがどれくらいの地域が発するのかは定かではないが遠州では使われるものである。といっても「な?」は遠州弁っぽくはないところであるが。

「どうするんだそれ買うのか?」だと

「どうするよをそれ買うだ?」・「どうせすやそれ買うな?」となる。

以前の記事で「なのか」=「なか」・「だか」というのを書いたが

「なのか」→「な」+「のか」で、「のか」=「だ」・「な」という屁理屈をこねて「なだ」・「なな」という言い回しが存在するかというと「なだ」は無いが「なな」はある。

「なのに」・「だのに」という言葉があるように「なのか」・「だのか」という言葉がもしあるとしたら「なのか」=「なな」・「だのか」=「だだ」という流れで「だだ」という言い回しが存在する屁理屈が成り立つ。

「そういうもんなのか」を

「そうゆうもんなな?」・「そうゆうもんだだ?」という言い方が考え付くところである。

つまり「のか」というのは「だ」・「な」という言い方と「か」という言い方があると思われる次第。もちろんニュアンスは異なるので同じ意味合いのものではない。

「そうゆうもんなな?」確認という勢いが強くなる。

「そうゆうもんだだ?」念を押す確認といった感じであろうか。

「そうゆうもんだか?」疑問の意が強めになる。というか理解・納得しておらずほぼ質問に近い。共通語だと「そういうもんか?」であろう。

「そうゆうもんなか」という言い方はなく「なんか」という関西風な言い方ならある。

例文

「どうするよを、行くな?あんたも誘われてるだら?」

「どうしっかなあ、まあめんどっちいでよすわぁ。」

「ホント不精でしょんないやあ。いいだね?ホントに行かんだ?」

「つうか、行って気い遣わしちゃかんで行かんほういいだよ。」

「あんたらの関係ってそんなもんだか。よを分からんわ。」

|
|

« *「なのか?」=「なか?」 | トップページ | *たっきやあ »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51797235

この記事へのトラックバック一覧です: *「のか」=「だ」・「な」:

« *「なのか?」=「なか?」 | トップページ | *たっきやあ »