« 犬を飼うということ その3 | トップページ | JIN 仁Ⅱ その3 »

*微妙な遠州弁 行くんだら

例えば「今から病院行くんだら?」と言う文章。

訳さば「今から病院に行くのだろ?」とておかしくはないのだが、なんかざらつきを感じざるを得ない。違ってはいないのであるが普通は次のようになるであろう。

「今から病院行くだら?」

つまりつらつら思うに「だら」の前で文章が完結していなければ違和感を感じるものである。

「行かない」ということで「今から病院行かんだら?」ということであれば違和感はない。

例を変えて「もちろんやらんだら」。「もちろんやらない」+「だろ」といった念を押すみたいな付け加えの様相を呈していないとなんか違和感を感じるものである。

これを共通語に直す際にとにかく一文にまとめようとすると「もちろんやらないのだろ?」と格助詞の「の」をはめてしまうことになる。

したがって共通語を遠州弁に変えようとすると「行くんだら」みたいな余分なものが付いてしまうことになりざらつきを覚えるのであろう。こうしたざらつきを解消するには先のように「行くだら?」とするか、もしくは「病院に行くんだら?」と共通語に近い言い回しにするか。

ところがこれが「あいつのこんだで行くんだら」ということになれば

これを訳さば「あいつのことだから行くんだろ」ということでなんのざらつきもない。

それは何故かというとこの場合共通語に訳すと「行くんだら」は「行くのであろう」ということになるのだが、遠州弁的には「あいつのことだから行くんだ」+「ろ」という事になるという正しいかどうかは根拠がないがそういう解釈が成り立つからである。つまりこの場合は「だら」ではなく「ら」であるからとすれば違和感がないのである。「ろ」ではなく「ろう」としたいのなら「ら」を「らあ」とすれば「行くんだろう」ということになる。

最初の例文に戻って「今から病院行くんだだら?」という事になれば歪ではあるが違和感はない。

「今から病院に行くんだ」+「だろ?」

という形になっているからである。歪さを解消するには「今から病院行くだあだら?」とかになろうか。

こういった風にややこしいことは確かである。

さらに輪を掛けてややこしくすると、ところがこれが旧遠州弁である「づら」とするとあら不思議、「今から病院行くんづら?」・「今から病院行くづら?」・「もちろんやらんづら」・「あいつのこんだで行くんづら」とどれにも違和感なく当てはめることが出来る。唯一「今から病院行くんだづら」だけはおかしくなる。

単に言い方が「づら」から「だら」に変化したということではなく、助詞の使い方とかまでもが変化していると勘繰られる程である。一体何が起こってこうなったのかが分からずまったく不思議としか言いようがない。取り様によっては片言言葉化してると云えるのかもしれないが。

|
|

« 犬を飼うということ その3 | トップページ | JIN 仁Ⅱ その3 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51460721

この記事へのトラックバック一覧です: *微妙な遠州弁 行くんだら:

« 犬を飼うということ その3 | トップページ | JIN 仁Ⅱ その3 »