« *「いい」と「よい」 | トップページ | 幸せになろうよ その3 »

*「にぎやかい」の「い」

「賑やか」・「華やか」・「爽やか」・「健やか」・「冷やか」・「穏やか」などの形容動詞に

「い」を付す言い方は方言なのか?というお話し。

共通語なら「な」が付く、賑やかな・穏やかななどということになるであろう。

それが、賑やかい・華やかいといった言い方をするのは方言なのだろうか。ネットで検索すると案外広い地域で使われる言い回しという印象を受けた。特に遠州弁ということではないらしい。

でもまあ遠州弁での使い方について述べてみる。もしかしたら独特なのかもしれないので。

理屈は「い」を付すことによって形容動詞を形容詞に変化させる効能となるそうな。

それって単に「な」が「い」に変化した(訛った)って事を言ってるということか。

しかし最初に挙げた言葉が全てこう変化するのかというと「爽やかい」・「健やかい」などとは言わない。つまり変化する語としない語がある。変わるものと変わらないものの違いは何かの説明がないとよく分からんぞということになる。

実際の変わる言葉を考えてみると

もし共通語の「美しい」の理屈が「美し」(もしくは愛し)+「い」で「うつくしい」であればこの「い」の理屈の中の表現類に含まれるのであるが「うつくし」も「うつくしい」も形容詞と分類されてるからとんでもないこじつけになるか。

でも「やわらか」+「い」という形容詞化というのは共通語にあるよな。そう考えると全く方言独自の変化ではなく単に形容詞化する種類が共通語よりも多いというだけの事になる。

遠州弁っぽいのだと名詞だの形容動詞だのごちゃごちゃいわんと挙げ連ねば

「じょうぶい」(丈夫い)・「じょうずい」(上手い)・「にぎやかい」(賑やかい)・「ひややかい」(冷やかい)・「おだやかい」(穏やかい)・「ぶしょい」(不精い)。「けっこう」+「い」で「けっこい」がこれに含まれるかは微妙。微妙といえば「冷やかい」(ひやかい)は普通は「ひゃっこい」だから存在はビミョ~。

などがとりあえず思いつく。もちろんこれで全部という事では無い。

逆に変わらない言葉を考えてみると

「すこやかい」(健やかい)・「はなやかい」(華やかい)

ん~並べてみても変化するものの傾向は読めないな。

視点を変えて、ニュアンス的にいうと例えば「賑やかな」と「賑やかい」では受ける印象が違うと感じる事がある

遠州弁における「賑やかな場所」と「賑やかい場所」だと「賑やかな」は「活気のある」といった勢いで「賑やかい」だと「騒々しい」という勢いの違いを感じたりもするところである。「い」ではなく「し」で「賑やかし」だと「盛り上げ要員」みたいな勢いが影響しているせいかもしれないところでもあるが。

次に遠州弁で「割と丈夫いじゃん」・「けっこう丈夫いにい」という表現。

この場合共通語に直すのに「い」を「な」にすればいいというものではない。「割と丈夫なじゃない」・「結構丈夫なだよ」とはいかないという事である。文章のまとまりとしては「な」は余分となる。もしくは丈夫な○○とか丈夫という対象物をいれなければならない。

はしょる表現として用いられてるとかいうこともあるのかな。

と、まあ色々考えてみたけれど、詰まる所は無秩序を整理するのは無理なようだ。それでもなんとなく言えることは

別に方言じゃないのではないか。単に頻度が抜きんでてるだけだろう。

言うものは言うし言わないものは言わない。法則・傾向は不明。

言葉ごとに「い」を付ける(形容詞に変化させることによる)用途・効能が違っているような気がする。

|
|

« *「いい」と「よい」 | トップページ | 幸せになろうよ その3 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51508335

この記事へのトラックバック一覧です: *「にぎやかい」の「い」:

« *「いい」と「よい」 | トップページ | 幸せになろうよ その3 »