« *やりゃせんに | トップページ | *や »

*「だに」と「に」 その2

「だに」は「だよ」。「に」は「よ」と訳すのが無難であるのだがそれはあくまで初級編。「だに」と「に」はそんな簡単なものではなく奥が深いのである。今回省くがこれに「い」が付いて「だにい」・「にい」まで広げると底なし沼のようにどツボにはまる。

*「あんたやるだに、分かってるの?」

  (あんたがやるんだよ。分かってるの?)

「に」を強く言いきるのがポイント。「だにっ」と書くのが分かりがいいか。

*「あんたがやるだになんでやらんよを」

  (あなたがやらなくちゃいけないのになんでやらないんだ?)

訳から遠州弁に直すと「やらんとかんだに」となるのであるが実際は例のような言い方をする事が多い。

*「あんたがやるに文句言う奴おるだよ」

  (あんたがやるという事に異議を唱える奴がいるんだ)

この場合の「に」を直訳するならば「のに」とするのが相応しいか。

*「あんたがやるだに文句言う奴おるだよ」

  (あんたがやるというのにそれでも文句言う奴がいるんだよ。)

ここの「だに」を直訳すると「のに」となる。

*「あんたがやるに文句出んら。」

  (あんたがやるという事に対して文句は出ないだろ。)

別な訳し方では(あんたがやる分には文句は出ないだろう。)

ちなみに「あんたやるだに文句出んら」という言い方は存在しない。

これらは接続助詞における「だに」・「に」の話しであって終助詞の「だに」・「に」の話しではないという事。格助詞的な使い方においてはほぼ共通語と同じだろうと思われる。

接続助詞の場合は省略した意味を含む要素が「だに」・「に」に加算される傾向がありそうだ。

むろんこんなややこしい事考えて言ってる訳ではなく習うより慣れろで積み重ねてきたものであって理屈じゃない。したがって厳密なルールとかもないかもであり助詞だあなんだあとかいうのは茶番かもしれない。

|
|

« *やりゃせんに | トップページ | *や »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51569703

この記事へのトラックバック一覧です: *「だに」と「に」 その2:

« *やりゃせんに | トップページ | *や »