« *もちょっと | トップページ | *「だに」と「に」 その2 »

*やりゃせんに

正しく訳せといわれるとけっこう困る言い回しである。

直訳だと「やりやせぬに」とえらく古語っぽいことになる。

もう少し今の表現に直すとなると「やろうとしないに」となりそうだが「に」ってなんぞやというニュアンスが訳しづらい。

文章の流れから考えていくと

「あいつめんどくさいの嫌いだでどうせやりゃせんに。」

  (あいつは面倒くさい事が嫌いだからきっとやらないよ。)

この場合(終助詞)だと「に」は「そう思う」・「そう思ってる」とかいう意味で使われていることになりそうだ。

「あいつやりゃせんに。めんどっちいの嫌いだで。」

と配列を入れ替えても変わりは無い。ただ訳すとなると「やらないよ」というよりも「やりはしないよ」とした方がしっくりくる。

では接続助詞の場合だとどうなるか

「あいつやりゃせんに文句だけはゆうだな。」

  (あの野郎自分はやらないくせに文句だけは言うんだな。)

直で訳せば「に」=「のに」であるので「やりゃせんに」は「やりはしないのに」と訳すのが正しい?ことになる。

格助詞での使い方では言い回しが変わることが多く

「あいつやりゃせん上に文句ばかすかゆいくさる。」

  (あの野郎やらない上に文句どんどん言いやがる。)

「あいつやりゃあせんで文句までこきゃあがる。」

といった風になる。格助詞の場合は共通語と同じなので方言性は無いと思われる。「に」=「で」ということもあり「に」より「で」を使う事の方が多いという事もいえるかもしれない。さりとて「やりゃせんに」という使い方をしないということではなく

「あいつやりゃせんに文句ばかすかゆいくさる。」

という言い方も実際有り得て正直接続助詞か格助詞かの見分けなんぞつかないというところである。もっとも書き言葉の理屈を話し言葉にそっくりそのまま当てはめてよしとするというのはどうかという気もするのであくまで参考までにという程度に収めといた方がいいような気もしないでもない。

まあいずれにせよこのように使いどころによって「に」の意味が変わるので「やりゃせんに」を訳すのは状況によりけりでこうだと決めつけできないので訳し方を説明するのは難しい。

|
|

« *もちょっと | トップページ | *「だに」と「に」 その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51593967

この記事へのトラックバック一覧です: *やりゃせんに:

« *もちょっと | トップページ | *「だに」と「に」 その2 »