« *「ちゃっちゃと」と「ちゃちゃっと」 その3 | トップページ | *ぶしょったい その2 »

マルモのおきて その~5

感想記事は書いてこなかったけど毎週観てる。しかも楽しい。

感想書けない理由は、ドラマ王道の地に足着いた泣き笑いで与太言う余地なしでひねくれた感想差し挟めないほど完成されてるからだろうと感じるから。

書けるとしたら「あ~面白かった・すっきりした」というのと「阿部サダヲ」を観るのが愉しいというくらいなもので。余韻として自分も頑張らにゃなという気にさせる前を向けるものである。

それにマルモの周りの人達(「脇という言い方は嫌いだから使わない)がこれまたいい味出してるんだよな。

王道なだけにそれは主役を愛でるのみならず登場人物皆愛すべき存在であることが必需に違いなくそれを満たしていると思える。悪意なぞ持ち出さなくても波風立ち騒ぐらむは生み出せるものであるを示したものであり、安心して観ていられる。

喜劇とコメディの違いというものは自分みたいな素人にはその区別はよく分からないものだが、このドラマは単に受けてなんぼのコメディではなく泣いて笑っての喜劇なんだろうなと思えるところ。

犬が話すは妄想なのか事実なのか。とりあえずはそれが謎ではある。

|
|

« *「ちゃっちゃと」と「ちゃちゃっと」 その3 | トップページ | *ぶしょったい その2 »

2・2011年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51748420

この記事へのトラックバック一覧です: マルモのおきて その~5:

« *「ちゃっちゃと」と「ちゃちゃっと」 その3 | トップページ | *ぶしょったい その2 »