« 三国志 第18話 | トップページ | *もちょっと »

幸せになろうよ その4

小松原さん(大倉さん)が勝ち残るとしたら二人が食い合って共倒れになるくらいしか思い付かないよな。というか別の女性との出逢いを期待する方が得策ではある哉。

なんて本流とは全く違うことを思いつつ観てるという不届きな視聴者である次第ですが、この回その候補現るってか。そうだとしたら破れ鍋に綴蓋風味な感じになるな。

でも、それでもカップル成立となればますますもって小松原さんってええ人やあって思っちゃいそう。

とかいう寄り道鑑賞はこれくらいにして、本道の方はというと

まあものの見事に間(バツ)の悪い殴り込みであらしたなあ。呆然と立ちすくむしかないのがよく分かる。顔も視れないというのも確かにだ。

ホントじれったいドラマの王道を往くが如き流れだよな。ってこういうパターンだと普通はこういう障害を乗り越えて結ばれる二人というものだけど、そのふたりってのは、どつぼにはめた高倉(香取さん)がこれで憐憫の情を抱き奮起するという線と、矢代(藤木さん)の失態を目の当たりにしてもそれでも柳沢(黒木さん)は矢代を選ぶと一途を強くするかのどっちかだよな。

まあ小松原さんが幸せになってくれればこのドラマめでたしめでたしに思えるんで、いくら三者三様でドロドロしてても気にならないからとことんもつれて面白くさせてもらえば面白いドラマだなと思えるところ。なんて書くと怒られるか。

冗談はともかく、恋愛もののドラマは得意じゃない私でも観ていられるということはうまく説明できないけどよく出来てるドラマなんだろうなと思える事は確かだ。それが「香取慎吾」の役者力によるものなのか脚本の勝利なのかはよく分からないが。それとも何考えてるか悟らせないからこそ面白いという「黒木メイサ」の腕なのか。ともすればえぐい女に映る所を寸止めで抑えて魅せてるものな。

|
|

« 三国志 第18話 | トップページ | *もちょっと »

2・2011年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51615768

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せになろうよ その4:

« 三国志 第18話 | トップページ | *もちょっと »