« 無謀の喩え | トップページ | *に その2 »

犬を飼うということ その4

 ごちゃごちゃこねんとこの家族好きだぞ。

「一番良いものじゃなくて一番好きなもの。」。なんて賢い子なんだろう。知恵が回るという意味じゃなくて本質を突いてるというかなんというか。ハッとする事を言うんだよな何気に。

「逃げんなよ。」。一家の柱としてドスが効いてたなあ。それでいて引き摺らないあっけらかんとした明るさがいいよな。

「貧乏なのは俺の責任だ。」卑屈じゃないと装っていても卑屈にこだわっているのは納得だよな。職を辞すというのはそういう事だよな。引け目を感じない訳がない。それでも逃避しないのは家族持ちの背負うパワー故か。男だよなあ。しかも奥さんをたてる我慢強さもある。とてもじゃないが真似出来ん。

それにしても子供の世界はストレートな分残酷で複雑なもんだ。もし今この世界に自分が投げ込まれる事になぞなったとしたらもつかなあ、もたないかもな。

ところで飼い主現る。もう180日になんなんとしてるのか。早いな。なんてこたあなかろうて。どうなるんだろ。

|
|

« 無謀の喩え | トップページ | *に その2 »

2・2011年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51607656

この記事へのトラックバック一覧です: 犬を飼うということ その4:

« 無謀の喩え | トップページ | *に その2 »