« マルモのおきて その~5 | トップページ | 遺留捜査 その7 »

*ぶしょったい その2

「ぶしょったい」より「こぶしょったい」の方がぶしょったさは上に聞こえる。

最強は「どぶしょったい」であるが。

共通語での「粋」と「小粋」、「生意気」と「小生意気」といった並びだと「小」のつくほうがさりげなく・ややとかいった軽目の勢いになるのであるが。

遠州弁の「ぶしょったい」においてはむしろ逆目で

「あんたなによをそのなりわあ、ぶしょったいにい。」と

「あんたなによをそのなりい、こぶしょったい。」とでは

明らかに「こ」を付した方がより見苦しいのでなんとかせいという勢いになる。まあものは言いようではあろうが。「ぶしょったい」は素直な感想という勢いで修正・変更等を求めるにしても要求ほどな勢いではない。ちなみに最強表現で

「なによをそれえ、どぶしょったい。」となると

もう見放したという勢いで近づくなくらいの嫌悪感もしくは他人のふりの勢いである。

ところで「こぶしょったい」は「ばかぶしょったい」よりぶしょったさは上か下かとなると、微妙でありどっちもどっちという感じがする。ただし「こぶしょったい」はなんとかしろという意思が感じられるところで「ばかぶしょったい」には単に「ぶしょったい」の程度が酷いという思ったままの感想発言という感じがするという違いはあろうか。

ところで「ぶしょったい」ってどういう意味?と改めて問われると、実ははたと困る。

意味使いが幅広く、「格好悪い」・「変(おかしい)」・「異様」・「身だしなみがなっていない」・「やることが野暮」・「そぐわない」・「整っていない・散らかってる」などなど。

おそらくは「不精」+「ったい」というのが元であろうが、「不精」という意味を逸脱している感じである。辞書では「不精」にはめんどくさいとか手入れしないとかいう事が述べられているが、一所懸命おめかしした結果においても「ぶしょったい」と言われるものであるし、公の場に普段着みたいな格好で行こうとするのに対して「ぶしょったい」と非難されるものである。

大雑把にいうならば「駄目出し」とするのが一番「ぶしょったい」の意を表わせる言葉であろうか。あくまでニュアンスにおけるものでそのままはまる訳ではない。

「ぶしょったい」の代わりに置き換えられる言葉として「恥ずかしい」があるが、「恥を知れ」とかいうニュアンスとも言えるのかもしれない。

例文

「なによをあんたあ、そんなこぶしょったい格好してくじゃないにい。」

  (なんなのその恰好は、そんなおかしな恰好で行くんじゃないよ。)

「なにがよを、いいじゃん別にい。普通じゃん。」

  (どこがだよ、別に普通じゃないかどこが悪いっていうんだよ。)

「あんた街買い物せえ行くじゃないだにい。ハイキング行くにそんな恰好で行く馬鹿どこにいるよを。」

  (あのねえ、街に買い物しに行くんじゃないんだよ。ハイキングに行くんだよ。それをそんな恰好で行く人がどこにいるんだよ。)

注、この後「ここにいるぞ」なんて反論するとふざけんじゃないと逆に油を注ぐ事になる。反論するなら「好きでやってるだでいいだあ」とか言うのが普通である。

|
|

« マルモのおきて その~5 | トップページ | 遺留捜査 その7 »

1-2・遠州弁ふ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51753616

この記事へのトラックバック一覧です: *ぶしょったい その2:

« マルモのおきて その~5 | トップページ | 遺留捜査 その7 »