« 三国志 第17話 | トップページ | リバウンド その2 »

*くっちゃべる その2

「無駄話をする」とかいった宜しからぬおしゃべりに対して発せられる言葉である。全国的に使われてる言い回しで遠州弁ということもないのだが。

この「くっちゃべる」ってどこをどうすればこうなるのかというのを考えて見る。

意味は当然違うが似たような言い方としては「くっちゃぶい」というのがある。

これはおそらく「くそさぶい」の変化したものであろうと想像できる。

したがって同様に「くっちゃべる」は「くそしゃべる」の変といえるかもしれない。

「この忙しいだになにくっちゃべってるだあ。」といったような不快に思ってるから出る表現であるので「くそ」という言葉はおかしくはない。

この「くそ」はどういう意味をとなると

中身のない(栄養のない)という意味。「くそみたいな話をしてる」という勢い。

人をののしって言う語。「こんな時に話してるくそ」という勢い。

とかが想像される。意味的には繋がるんだけど「ちゃべる」となんで「しゃ」が「ちゃ」になるんだという疑問が解けない。別に「くっしゃべる」でもいいんじゃないのかと思えるのだが「くっしゃべる」とは言わない。

「くそ」じゃないとしたらなんだろう。「食いつく」の変での「くっ」かな。

「食いついてしゃべる」つまり夢中になって手が休んでしまうというのは状況的に無理はなさそうだ。

まあどちらにしても単なる妄想であって正解でもなんでもないだろうが、ホントのところはなんなんでしょうね。

「くっつく」とか「くっつける」とかは共通語だろうからそこら辺から答えが出ないかなと思ったがよを分からん。

|
|

« 三国志 第17話 | トップページ | リバウンド その2 »

1-2・遠州弁く行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51394020

この記事へのトラックバック一覧です: *くっちゃべる その2:

« 三国志 第17話 | トップページ | リバウンド その2 »