« BOSSⅡ その1 | トップページ | *たつ その2 »

*くり・くれ

「走り回る」に「くり」を挟んで「はしくりまわる」傍若無人に走り回る。

「混ぜ回す」にも「くり」を挟んで「まぜくれまわす」これでもかというくらい混ぜ回す。

「くり・くれ」が入る事によってニュアンスは不必要にとか必要以上にとか強引に意味もなくといったものが付加される。その光景を見た様は横暴・ぞんざい・我を忘れてなどといったものである。訳すとしたら「~しまくる」・「~したおす」といったものであろうか。

状況例としては、子供が興奮してはしゃぎまわる姿を見て「くるってはしくりまわるじゃないに」(興奮してそこらじゅう走り回るんじゃないよ)。

「くり」はなんだというと上の例のニュアンスから推察してくと「走り狂いまわる」と「狂う」の変で「くり」となったというのが考えられるがこれでは「まぜくれまわす」にこの理屈はどうも合わない。「狂ったように混ぜ回す」でおかしくはないのだが「まぜくれまわす」は「強引(乱雑)に混ぜ合わせる」といったものであるからしてニュアンスが違うように感じられる。

「くれまわす」というのでひとつの言葉という事も考えられるが「無理やり」を「無理くり」と言ったりもするので「くり」という言葉として考えてもいいような気がする。

なので勝手な憶測だけど「くり」で考えてみることにする。で、「くり」とはおそらく「呉る」(くる)での「呉り」だろうなと思う。古語辞典によると

「くる」(呉る){他動詞ラ行下二段活用}与える。やる。くれる。つかはす。

        {補助動詞ラ行下二段活用}①動詞の連用形についてその動作をしてやる意を表す。・・・してやる。②その動作をしてもらう意を表す。・・・してもらう。

とある。

実際使ってる印象からは横柄・乱暴・ぞんざいといった印象になるのであって古語辞典の説明にある意味とは必ずしも一致しないのであるが、強引につなげればそのものに対して偉そうな態度(上から目線)をとっているから~してやるといった横柄・ぞんざいになると解釈できなくもない。まああくまで勝手な想像ですが。

他に考えられるものとして「刳る」と「繰る」と「来る」。

「来る」は流石に遠そうだ。繋げるのには無理がある。

「刳る」は辞書には器具を回すように使って、何かにくぼみや穴を作る。えぐる。とある。「えぐる」というのにこじつけ性を見い出せそうで容赦ないという印象と重ね合わせれなくもないが、まあ無理だろうな。

「繰る」については最初これだろうと見当をつけてみたのだが辞書を引いて

①綿繰り車に掛けて綿の種を取る。②(長いものを)順に引き出す(して巻き取る)。③順に送って動かす。④順に数える。とあって、意味に繋がりがなくてこれじゃないなと思い直すことになった。

「繰り出す」って言葉から次々という活発な様といった意味が「繰り」にはあるんじゃないかと思っててこれかと見当つけてたんだけどそうではなかった。「繰り」にはなくて「繰り出す」でしかこういった意味にならないのだとしたら「走繰り出し回る」とか「まぜくりだしまわる」とかでないとおかしいものな。でもそういう言い方は無い。「やりくり」に関しては「遣り繰り」であるのでここでの「くり」とは別種となるのであろう。

とりあえずなんとなく思える事は、「くり」を入れる言い方そのものは共通語にもあろうがその頻度の多さということになると遠州弁の特徴と成り得るのかもしれない。

それと、明確に「くり」とはなんぞやという説明書きは見つけられなかった。

実際使われてる例を挙げると(多分ほとんど共通語であろうが)

「ほじりだす」→「ほじくりだす」

「連れ回す」→「つれくれまわす」・「つれくりまわす」

「弄り回す」→「いぜくりまわす」・「えぜくれまわす」

「舐め回す」→「なめくれまわす」

「捏ね回す」→「こねくりまわす」

「触れ回る」→「ふれくれまわる」

「やり倒す」→「やりくりたおす」

言ってもおかしくはないのだが言わないのは

「掻き回す」→「かきくりまわす」

「撫で回す」→「なでくりまわす。」言うのは「なぜくりまわす」

「振り回す」→「ふりくりまわす」

ところでこうやって挙げていくと必ずしもではないが前が「い」の音だと「くり」、「え」の音だと「くれ」となる傾向が覗える。

「まわす」を外して言うとそのニュアンスは、例えば「つれくる」・「いじくる」・「なめくる」という言い方になるのだが

これらは存在する表現であり、ニュアンスについては強引さは同じであるが「まわす」を外した分激しさは薄いものとなる。

ということで、なんとなく思えるのは遠州弁に於いて「くり」はひとつにまとめられるものではなく

「はしくりまわる」の「くり」は「走り狂いまわる」という「狂う」の変じたもの。

「つれくれまわす」の「くり」は「連れ呉れまわす」という上から目線の意を持つ「呉る」。

「やりくり」の「くり」は「繰り」。

この三種類が存在していんだろうなと想像される。

|
|

« BOSSⅡ その1 | トップページ | *たつ その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51308803

この記事へのトラックバック一覧です: *くり・くれ:

« BOSSⅡ その1 | トップページ | *たつ その2 »