« *遠州弁五段活用って何? | トップページ | *「さ入れ言葉」と遠州弁 »

*「持ち行かれん」と「持ち行けれん」の違い

「持ち行く」は遠州弁だそうで共通語に直すと「取りに行く」となるそうな。

「持ち行かれん」と「持ち行けれん」を訳さば「取りに行かれない」と「取りに行けれない」ということになる。

このふたつはどう違うのかというお話し。必ずしもこうだと言い切れるものではないがこういう傾向はあろうか。

「持ち行かれん」は本人は行く事は可能(行く意思はある)だが当人以外のところに障害(理由)があって行けれないと言っている。それとその理由が一時のものではない場合に使われる表現でもあろう。

「持ち行けれん」は本人自体が行く事が出来ない理由を抱えていると言っている。それと理由が一時のものである場合に使われる傾向があろう。

忙しくてという理由の場合「忙しくてとても持ち行けれん」というのにざらつきは感じないが「忙しくてとても持ち行かれん」だとちょっとざらつき感がある。なぜならのべつまくなし忙しいなんてことは普通有り得ないだろうと思えるから忙しいのが理由でずうっと行けないというのは方便くさいからである。「行けれん」なら手が空いたら行くよと言ってる風に聞こえるものである。

車が無いのでという理由の場合「車ん無いで持ち行かれん」・「車ん無いで持ち行けれん」のどちらも違和感はないのだが「行かれん」だと今後もずっと行けないという雰囲気となり「行けれん」だと車さえ都合つけば行く事が出来るという風に聞こえてくる。相手がもし言い訳・方便と捉えた場合「行かれん」とした場合の方が「要は行く気ないんだろう」などとけっこうな突きあげ(反論)される事が多々ある。

ここまで明確な区別が実際は成されている訳ではないが

「あんたいつんなったら持ち行くよを。」

「ど忙しくて持ち行かれんだもんしょんないらあ。」

「忙しいたって呑み行くとか遊ぶ時間あるだらあ。忙しいなんて言い訳んならんにい。」

という風に突っ込まれやすい。物は言いようで

「ど忙しくてなかなか持ち行けれんだよ。勘弁してやあ。」

とか言えば多少はしょうがないなあという気になってくれたりもする。

|
|

« *遠州弁五段活用って何? | トップページ | *「さ入れ言葉」と遠州弁 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51261734

この記事へのトラックバック一覧です: *「持ち行かれん」と「持ち行けれん」の違い:

« *遠州弁五段活用って何? | トップページ | *「さ入れ言葉」と遠州弁 »