« がばちょ | トップページ | *「いる」と「おる」 »

*わすれかある

完全に失念してたと言っている。思いっきり忘れてたという勢いである。

「~かある」という言い方はどうも方言らしい。訳すと「~しまくる」という事であって裏返るとかの「返る」ではない。遠州弁では他に「ちんぷりかある」・「ぶすくれかある」・「ふんぞりかある」とかいう言葉も有る。

「忘れかあってホントしょんない」を訳すと「忘れまくりで本当にどうしようもない」という風になる。

近い言葉を探すと「静まりかえる」・「あきれかえる」といったものと同じに思えるところでこれらの「かえる」は「反る」と書くので「わすれかある」も漢字にすると「忘れ反る」と書くのだろうな。蛇足だが「そりかえる」は「反り反る」と書くのかなと調べたら「反り返る」だった。なので「ふんぞりかある」の「かある」は「わすれかある」とは別物かもしれない。

「反る」(かえる)

辞書にはその状態以外のなにものでもない事を表わす。とある。

古語辞典では(動詞の連用形に付いて)動作・状態のはなはだしい意を表す。とある。

どちらでも当てはまりそうだが、古語辞典での「はなはだしい様」という方が勢いとしては近いか。その状態以外のなにものでもないとかだと「ど忘れしてた」が当てはまりそう。

そういう意味では「わすれかある」の訳は「はなはだしく忘れる」とするのが妥当となろうか。

この表現の効能はウソ偽りなく状況を正直に告白してるという風に捉えらえるので「ど忘れしてた」だとむかつかれるが「忘れかある」と発すれば呆れられる勢いになる。もちろん怒られかどうかはその状況によりけりであるがそれでも言い訳してない分多少は怒られる程度は小さくなるであろう。もっとも以下の例文のように別の理由をつけられて上げ足取られる(怒られる口実を与える)事はあるが。

例文

「君こないだ頼んどいたのはあでけたかね。」

  (君この間頼んでおいた件はもう出来たかね。)

「あ~、忘れかあってたもんで今必死こいてやってます。」

  (え~とですねえ、すっかり忘れてまして今懸命にやっております。)

「困るなあ君。頼むにい時間迫ってるだで。」

  (困るじゃないか君。もうホント頼むよ時間迫ってるんだから。)

「すんません。」

「ところでいつ気づいただ?」

  (ところでいつ忘れてたって気づいて始めたんだ?)

「いやあ、今言われて・・・。」

  (実は、今言われて・・・。)

「おい、それじゃやってますじゃありもんしんに。やりますだらあ。」

  (おいそれではやってますじゃないだろうやりますだろう。)

「そうともゆうわなあ。」

  (そうですねえ。)

「ばかっつう。なにもやっちゃいんっつうこんじゃんか。なんしょ間に合わんかったら後で説教だでなあ。」

  (ばかもん!何も手を付けていないって事じゃないか。とにかく間に合わなかったらただじゃ済まさないからなあ。)

|
|

« がばちょ | トップページ | *「いる」と「おる」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51292590

この記事へのトラックバック一覧です: *わすれかある:

« がばちょ | トップページ | *「いる」と「おる」 »