« 三国志 第16話 | トップページ | *だでなんだあ その3 »

*よく来たねえ

共通語的解釈だと「よくぞお越しくださった」・「ようこそおいでなさいました」とかを親しげに崩した温かい歓迎を意味した形ということになるであろう「よく来たねえ。」

されど遠州弁においてイントネーションによってはこれは

「よくもまあこんなとこにまで来たもんだ。」と歓迎しつつも呆れているという表現となる事がある。

この場合の「よく」は「よくもまあ」というよりも「なんとまあ」というものである。

そのポイントは「よく」と「来た」。平坦に言うのではなく「よ」と「来」を強く言うとそうなる。この場合「なにせえ来たよをこんなとこに」と「こには何をしに来られたんですか?」という問いが暗に含まれている事が多い。

もちろん歓迎の意は大いにあるのだが、その表現の仕方が「いらっしゃってくれました」といったような相手を上げるのではなく「こんな場所によくぞ来てくれた」と自分が下がるといった、つまり相手を持ち上げるのではなく自分が一段下がるというのが遠州弁の言い回しの特徴ともいえるのかもしれない。

もちろん歓迎の意思を抜いた「よくもまあこれたもんだ」と憮然としてるという使い方も存在する。この場合は「よく」と「ねえ」を強く言う。

ちなみに共通語のイントネーションで平坦に「よくきたねえ」と発すると共通語では歓迎であり遠州弁においても普通は共通語と同じ歓迎であるが稀に状況によっては「飛んで火に入るなんとやら」な意味深な勢いで使われる場合がある。

例文

「こんにちは。」

「あんたどこから来たよを。」

「東京から来ました。」

「東京からぁ。へ~。よく来たねえ。」

こう言われて呆れられると他所の方は二の句が告げなくなるらしい。この場合には要件を伝えれば話が進むものである。

「ええちょっと観光に来ました。」

とか。そうすれば

「どこ行くよを」

とか話が進む。ただ呆気にとられてると

「なにせえ来たよを」

と暗な部分を口に出すことになる。

尚、この言い回しのニュアンスは「ダーツの旅 竜洋編」という番組を視て気付いたところである。

そしてこれとは別のイントネーションの違いで「どの面下げてここに来た。」・「恥ずかしくもなくよくこれたなあ。」とむかついてる表現にもなる。まあこれは共通語でも同じか。

この場合の「よく」は「よくもまあ」というものである。

アクセントのポイントは「よく」と「ねえ」。「よく」の「よ」うを強く「来た」は平坦で「ねえ」を強く言う。

例文

「あんたよく来たねえ。どの面下げて来れるよう。」

「この顔だあれ。」

「どむかつくう。」

ちなみに「よう来たねえ」といった「よう」。「よく来たねえ」とどう違うのかというと「ようせん」・「よう言わん」とかいう言い方は遠州では少数派でありそのニュアンスはよく分からないので違いはないと思って日々過ごしている。脱線するが自分の場合「ようせん」については「でけん」・「やれん」、「よう言わん」については「とてもゆえれん」とか言っている。

|
|

« 三国志 第16話 | トップページ | *だでなんだあ その3 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51382558

この記事へのトラックバック一覧です: *よく来たねえ:

« 三国志 第16話 | トップページ | *だでなんだあ その3 »