« 三国志 第13話 | トップページ | *遠州弁五段活用って何? »

*遠州弁に「えごい」なんて言葉はない

「えごい」という言葉を遠州弁としては聞く事はない。なので近い言葉を想像してしまうのだが。

「えぐい」。「えぐい味」とかでの「えぐい」の変で「えごい」となる表現が遠州弁にあるかというとそれはない。「えぐい」は「えぐい」である。ネット辞書によれば甲州弁で「えぐい」=「えごい」というのがあるが遠州弁はそういうことはないと思われる。(ただし、甲州弁と遠州弁は共通点が多いので遠州は広いから地域によってはもしかしたら使ってるところがあるかもしれないがうちらんとこでは使われていない。

他に「えご」から連想される遠州弁は「えごえご」であるが

くねっている・軋んでるような様(つまり歪んでる)を遠州弁では「えごえごしてる」と言うのであるが

「えごい」という言い方は存在しない。「えごむ」・「えごく」とかも存在しない。「えご」・「えごみ」とかいうのも無い。「えごえごしい」とかも無い。

「えごえご」のみである。

「曲がりくねった道」なら「えごえごした道」

「床が軋んでる」なら「ゆかんえごえごしてる」

「くねる」で「くねくね」・「軋む」で「きしきし」とかいう連なりで「えごい」で「えごえご」とかいうことではないのである。

とにかく「えごい」という言葉はない。そういう「えごむ」みたいな使い方をしたい場合には「歪む」(ゆがむ・えがむ・いがむ)を使っている。

あと考え付くとしたら方言でもなんでもないけど

「エゴ」の変で「えごい」となったとか?

独善的ということであれば遠州では「どずうずうしい」・「ばか勝手」・「きちがい」などが使われておりかような造語は流通していない。

つまるところやはり遠州弁に「えごい」という言葉は無い。

|
|

« 三国志 第13話 | トップページ | *遠州弁五段活用って何? »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51221515

この記事へのトラックバック一覧です: *遠州弁に「えごい」なんて言葉はない:

« 三国志 第13話 | トップページ | *遠州弁五段活用って何? »