« 三国志 第14話 | トップページ | しょんないTV 第7回 »

*のそい

「のそい」という表現は広い地域で使われてるもので遠州弁ということでもないのだが遠州で使われるニュアンスをとりあえず書こうかと。ちなみに使用頻度は低めであり日常で聞く事はあまりないがかく発せられても意味は通じるというもの。どちらかといえば切羽詰まったような際に発せられるものではない場をゆるくする効能で使われるものであろうか。

「遅い」といってる訳だが、動きが緩慢という事で遅刻とかのような遅れる事を指すものではない。遠州弁でのニュアンスとしては「遅い」というよりも「とろい」・「のろい」といった方が近い気がする。

「やることがのそい。」とは言うが「のそい。遅刻だぞ。何時だと思ってんだ。」という言い方はしないということ。

もっとももっさりしてるから時間に間に合わないんだという流れもあるから関連性がない訳ではないが。

単純に考えれば「おそい」が変化して「のそい」となったと想像出来るところであるが。

ネット辞書には大阪弁で「のそい」とは「のっそり」と「おそい」の混合語と説明されているのを見た。遠州では人によっては「のっそい」という使い手もいるのでこの説明はなるほどなと思える。遠州弁的解釈だと「のろい」+「おそい」の合体といった方がよりしっくりくる。

「のっそり」があるのだったら「もっさり」と「おそい」で「もそい」という言葉があってもよさそうなものだが、無いとは否定できないが現実には聞いた事がない。「もさい」になるのかな。これならありそう。でも遠州弁ではなかろうな。

例文

「なんかこの回転ずし雰囲気他と違うと思わん?」

「まったりした感じするねえ。」

「回転がのそいだかいやあ。次来るのにぬぶくなっちまうわあ。」

「そこまでじゃないらあ。でも近いもんはあるな。」

|
|

« 三国志 第14話 | トップページ | しょんないTV 第7回 »

1-2・遠州弁な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51401483

この記事へのトラックバック一覧です: *のそい:

« 三国志 第14話 | トップページ | しょんないTV 第7回 »