« *やあ その2 | トップページ | *やあ その3 »

BOSSⅡ その2

 打つ手が空振り空振りでなんとしょうのあげくに切羽詰まって直接交渉に及んだと思いきや、実は確実に追い込んでいたという手立てが凄かったな。BOSSならではという勢いで気持ち良くたばかられた。

でもこの成功の成果も部下を育てつつの伊達で気立てのよい野立の診立てによる手立て企てで韋駄天の如き早期決着をみたとを隠し立てなしと泡立ててナイスな手柄として上奏されるんだろうなきっと。変な文章になってしまったが、もっと「だて」尽くしで語呂文章作ろうとしたが二階建て・献立・函館・巣立てなどがつなげれなかった。残念。

でもおそらくするであろうその行動がいやらしくならないところがいいな。大澤(天海さん)と野立(竹野内さん)のツーカーの間柄がよく表れててもいて気持ち良かったな。こういう相棒がいてくれたら仕事も楽しいだろうなたとえ困難尽くしでも。そう思わせる二人だった。

オープニングタイトルの画づらが変わったからこれがフルメンバーということであろうかな。ハガネの女はともかく、木元(戸田さん)は殉職という訳でもないし後任も保護観察下に置かれたうえでの捜査協力(そんなのアリか?とは思えるが)という警察官ではないのだからいつか復帰する目を残しているという設定っぽく映るところ。

それにしても今回のギャグはちょっと滑ってたな。ま、カツラヘルメットが滑ったからこそ助かったという滑ったことの実利の提示はあったけど。って自虐ネタかい。

それにしてものそれにしてもで竹野内さんいいなあ。発表の場での実の無い話を無理繰り伸ばすしどろもどろ具合がよかったなあ。前作観たのは大場大尉殿。という連なりのギャップが自分としては硬軟どちらもイケてるぞという役者さんの幅を観れてるようで愉しいや。

|
|

« *やあ その2 | トップページ | *やあ その3 »

2・2011年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51455637

この記事へのトラックバック一覧です: BOSSⅡ その2:

« *やあ その2 | トップページ | *やあ その3 »