« 幸せになろうよ その1・2 | トップページ | *よく来たねえ »

三国志 第16話

これにて袁術あっさり没落と相成ったのか?。籠城こそが最良の策との献策を聞き入れて最善の策をとったと思われたのに。今回は袁術討伐といっても袁術が援軍を送らなかった拠点のひとつを落として仕舞いで袁術が籠もる城の攻撃はしていなかったということなのかな。でもドラマ視てる限りだと寿春が落ちたみたいに映ったけど。

それにつけても食べ物の怨みはげに恐ろしや。その怨み晴らさの想いを計略でとんだ濡れ衣の袁術に向けさせてその馬鹿力によって陥落させられたということなのか。

曹操は策士よのうというのが全開という巻であったのかな。

確か呂布の方が先にお陀仏だったと記憶してるから袁術死すということではなく単に没落ということなんだろうな。

それにしてもいともあっさりという勢いだったな。

|
|

« 幸せになろうよ その1・2 | トップページ | *よく来たねえ »

2・2011年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51495492

この記事へのトラックバック一覧です: 三国志 第16話:

« 幸せになろうよ その1・2 | トップページ | *よく来たねえ »