« 外交官・黒田康作 その9 | トップページ | 3月11日 »

*なぐるの言い方の種類と違い

「ぶちなぐる」と「ぶんなぐる」と「ぶったたく」と「ぶっさぐる」はてさてどれが一番痛そうというか激しそうなんだろうという考察。

あくまで遠州人(というか個人的に)が受ける感覚でありなおかつ「ぶっさぐる」とかは遠州弁なので共通語においてのものではなく遠州弁における事だというのを断っておきます。

「ぶちなぐる」。

「ぶち」という言い方は本来遠州で使われる言い回しではないので想像の域を出ないという部分が大きい。

「殴られるとぶち痛いぞ」という言い方があるのだから「ぶち」は「とても」・「たいそう」という意味になるという事か。他の言い回しだと「ぶち切れる」が思いつくところであるが抑えというか制御がぶちっと切れたようにも受け取れる。

なんとはなしに感情の赴くままに加減というものがなく殴っているような様が連想される「ぶちなぐる」である。

遠州弁らしくない表現と述べたが、じゃあ遠州弁で相当する言葉はなにかと言われたら・・・すぐには思い浮かばない。口は悪いがそれなりに温厚な民族だからこういう様に滅多に陥らないからかな?。んなわきゃないかあ。現実的には「ぶちぎれた」・「ぷっつんきた」と発してよしとしてるのかなあ。

「ぶんなぐる」。

「ぶん」から受ける印象は「おもいっきり」。「ぶち」に近いけど「ぶち」は「執拗に」といった勢いで「ぶん」は一発の加減(威力)がイメージされる。比較になるが「ぶち」は気が収まるまでといった趣なのに対して「ぶん」は勢いをつけていう趣の違いを受ける。

「ぶっとばす」。

体が吹っ飛ぶくらいの威力というものであろう。まあこれは共通語だろうから特に説明は不要か。遠州独特なニュアンスというものはなかろうて。個人的な感覚としてはぶんなぐるの方が威力は強そうに思える。

 以下は殴るではなく叩くの領域。

「ぶったたく」。

ぞんざいとか雑な印象を受ける。「ぶん」よりも力の加減はなされているが勢いのよさは不必要なほどにという感じであろうか。派手に叩くといった趣であろうか。

「ぶっさぐる」。

ほぼ「ぶったたく」と同じといった感じがする。あちらは共通語でこちらが遠州弁というものであろうか。

加減としてはげんこつで殴るという勢いに感じられる叩き方。ただし「とんかちでぶっさぐる」とかいう道具を使ってという言い方もするので手で殴るだけに限定されたものではない。どちらかというと用途外使用というか道具本来の使い方をしない場合で叩くような事に「ぶっさぐる」が使われる傾向がある。

怒りのこもったような場合にも使われるもので「頭きたで思いきっさぶっさぐってやった」(頭に来たので思い切りぶっ叩いてやった)とかいう使い方をしたりもする。

「ぶっさらう」。

加減としては平手打ちといった印象が強い。こちらも道具で叩くという使い方をするので手の動きという限定のものではない。「ぶっさぐる」と違ってこちらは用途内使用というか本来の使い処で叩く時に使われる傾向があろうか。

あまり怒りを含んだ印象は受けない。「あまり」であるので使わない訳ではない。そういう際はお仕置きといった趣であろうか。癇癪持ちがすぐ手を出す叩き方もこの部類に属しようか。

「さぐる」と「さらう」に「ぶち」表現はない。

「はたく」。

「はたきで頭をはたくな」とかいう使い方のはたく。漢字で書くと「叩く」であるのであるが叩くにしても一番軽い程度の叩き方を指すのであろうか。程度にもよるだろうが関西の漫才のツッコミ役の人が放つ叩き方は「はたく」に属するであろうか。

「ぶっぱたく」。

滅多に聞かないが聞いた事はあるので存在するであろう。使いどころの例としてはハエとかゴキブリを攻撃する際に使われる叩き方。

まとめというか大雑把な方向性としては

威力という事では殴る>叩く=さぐる>さらう>はたくといったものであろうか。

「ぶち」はあまり遠州では使われない表現な気がする。気のせいかもしれないが。

少なくとも「さぐる」・「さらう」・「はたく」に「ぶち」が付く表現は耳にしない。

|
|

« 外交官・黒田康作 その9 | トップページ | 3月11日 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50897017

この記事へのトラックバック一覧です: *なぐるの言い方の種類と違い:

« 外交官・黒田康作 その9 | トップページ | 3月11日 »