« *何度目かの「まい」と「まいか」について | トップページ | LADY・最後の犯罪プロファイル その10 »

*「行こうよ」の種類

「お腹が空いたのでなんか食べに行こうよ。」という文章を例として話しを進めるとして。

「行こう」と誘うにおいての強弱を遠州弁的につけるとどうなるか。以下が弱めから強めへの変化と思われる。

A「お腹空いたでなんか食べ行くけ?」

B「お腹空いたでなんか食べ行くう?」

C「お腹空いたでなんか食べ行かまい」

D「お腹空いたでなんか食べ行かざあ」

E「お腹空いたでなんか食べ行くかあ」

F「お腹空いたでなんか食べ行くか」または「行っか」

G「お腹空いたでなんか食べ行くにい」

H「お腹空いたでなんか食べ行くに」

J「お腹空いたでなんか食べ行くよを」

この他にも「行きまい」・「行かすか」・「行かんけ」とかがあるが近い表現が上記にあるので省いた。

「行くでえ」・「行くでねえ」・「行くわあ」については誘うというより宣言・報告に近くなるので除外した。

AとBは誘うというより伺い・提案に近い最弱の勧誘表現。C・D・E辺りは要請というか相手の同意を求めている。G・H・Jは命令・指示的要素が強くなる。FはC~E群とG~J群の中間的でどっちとも取れる。

各文章を共通語のニュアンスに訳せと言われても微妙すぎて違いを表現できない。習うより馴れろでしかないか。方言は共通語では表わせないところに味があるのであろう。と、いい訳しておく。

|
|

« *何度目かの「まい」と「まいか」について | トップページ | LADY・最後の犯罪プロファイル その10 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48473663

この記事へのトラックバック一覧です: *「行こうよ」の種類:

« *何度目かの「まい」と「まいか」について | トップページ | LADY・最後の犯罪プロファイル その10 »