« 深夜食堂 その8 | トップページ | 外交官・黒田康作 その8 »

告発・国選弁護人 その8

 やはり思う事はもう終わりかよ。もっと続いて欲しいよな。

それにしても汚名を着せられても目的を遂行せんとする信念は凄まじい限り。

何事も匿名の蓑に隠れてこそこそやってる自分も含めた輩には耳が痛いというべきか。

兎にも角にも見応え存分で愉しかった。

でも自分が観足らないと思う部分は柳田(西村さん)と佐原(田村さん)との同志に近い信頼関係はどうやって生まれたのか。鶴岡(近藤さん)は何故あれほどまでに佐原に心酔して献身的なのか。

当たり前に最初からあった筈はなくそれなりの出来事があったに違いなく。そういうのを番外編としてやってくれないかな。

|
|

« 深夜食堂 その8 | トップページ | 外交官・黒田康作 その8 »

2・2011年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51025098

この記事へのトラックバック一覧です: 告発・国選弁護人 その8:

« 深夜食堂 その8 | トップページ | 外交官・黒田康作 その8 »