« 外交官・黒田康作 その10 | トップページ | *けっこう »

バーテンダー その6

 隙がないというかシビアな要素が詰め込んであるというか、それぞれがそれぞれをきっちり役割をこなす(演じる)とこうも説得力が出るものかと。(隙というのはつっこみどころという意味なんですけど。)

でもこの回は皆真面目だったなあ。「ぎゃふん」や「ドラマみたいだあ」というつっこみどころからなんたらかんたら暴走して感想繰る程のお道化た部分を見い出せなかった。

この回は最後に向けて三つのお話しが同時進行してたので真面目に成らざるを得なかったんだろうかな。

師匠との再会・目覚めよシェフ・おじちゃんの願い。

首になった直接的な理由は慢心と読めたけど、多分そんな浅いものではないんだろうな。それが明かされるのは来週の事なんだろな。でもそれがなんなのかさっぱり想像つきませんですわ。首を宣告してまで悟らせようとしているものはなんなんでしょうね。獅子と獅子の子のお話しみたいなもんなんだろうなおそらく。

目覚めよシェフの一件での憤慨したシェフに対して述べた話しはなるほどなと。その国の素材を使わなければ本物と呼ばれない。日本人が作るものは本物じゃない。確かに外国人が握ったすしは寿司であって鮨じゃないと日本人はつい思っちゃうものな。

でも人間が本物ならば良い素材を使いさえすればその料理は本物になる。使い方間違ってるだろうけど弘法筆を選ばずということか。確かに極めた人でしか出来ないことだものな。

おじいちゃんの願いは、タイムリミットが設定された。そしてその候補は二人に絞られた。クールが売りのライバルのその意欲の源が描かれていて単純に赤勝て白勝てとかいうものにならなくなったところではてどちらという展開。

目覚めよシェフ以外は次回へと続くということで・・・って来週最終回なんだって。短いもんだ。普通に10話か11話観たかったな。

|
|

« 外交官・黒田康作 その10 | トップページ | *けっこう »

2・2011年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/51156644

この記事へのトラックバック一覧です: バーテンダー その6:

« 外交官・黒田康作 その10 | トップページ | *けっこう »