« LADY・最後の犯罪プロファイル その7 | トップページ | バーテンダー その3 »

*だろうて

今の言い方に直すと「であろうて」となるのであろうか。「であろうから」の方が分かりがいいか。

方言などではなく共通語枠での老人言葉と読めなくもないところであるが。

「だ」=「で」という構図は遠州弁の「だ」の使い方とよく似ている。といっても遠州弁の「だ」は「で」+「あ」=「だ」という合体形ではないけれど。

「で」+「あろうて」というよりも「だろう」+「て」という感じであろうか。つまり正しい解釈かどうかは分からないけれど、「だろうな」よするよりも「だろうから」とした方がすっきりするということ。この場合の「て」は「と」と直す方が分かりがいい。もしくは「とて」か。

「あろう」という推測よりも「だろう」という確信に近いというニュアンスの方が遠州弁の「だろうて」らしい気がする。

「だら」を「だろ」・「だらあ」を「だろう」と訳すのが無難なのであるが「だろうて」の「だろう」を「だらあ」に変えて「だらあて」という言い方があるかというとそれはない。あっても不思議ではないが聞いたことはない。

「だろうで」だと「だろうから」

例文

「やいやい、○○忘れちってえ。まいったやあ。」

  (参ったなあ○○忘れてきちゃったよ。どうしよう。)

「あるよ。」

「なんでもっってるよを。」

  (どうして持ってるんだ?)

「必要んなるだろうて持ってた。」

  (必要になるだろうなあと思って持っていた。)

「おお!気いつくじゃん。」

  (おお!よく気がついたねえ。)

「つうかあんたの性格からしたら絶対こうなると思っただよを。」

  (というかあんたの性格からして絶対こうなると予想出来たもの。)

「でもなんでこれ忘れるってわかっただ?」

  (でもどうしてこれを忘れると予想したんだ?)

「そんなことまで分からすけえ。とりあえず書いてあった持ち物まるきし持って来ただあ。」

  (そんなとこまでは読めないさ。とりあず記されてた持ち物を全部揃えて持って来てる。)

「ありがたいだか信用されてんだかびみょ~だなあ。」

|
|

« LADY・最後の犯罪プロファイル その7 | トップページ | バーテンダー その3 »

1-2・遠州弁た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50101141

この記事へのトラックバック一覧です: *だろうて:

« LADY・最後の犯罪プロファイル その7 | トップページ | バーテンダー その3 »