« スクール!! その5 | トップページ | Dr. 伊良部一郎 3話まで »

*「なに」の種類

「なに?」という言い方の遠州で使われてる種類を挙げ連ねてみる。ある意味お遊び。もちろんこれが全部ではないし「なん」表現は外した。というよりあまり使わない傾向に遠州弁はあるやも。

*「なにや」。

ニュアンスとしては「え?なんだって」が近いか。

例「あ~?なにや。わしに文句あるっつうだか。」

*「なにゑ」。

「ゑ」は「YE」。言ってる事が理解できないからもう一度というニュアンス。

例「なにゑ。まあ一遍ゆってやあ。聞こえなんだで。」(はあ?聞こえないでもう一度言って。)

*「なにをぅ」。

なんだと?という勢い。共通語だろうな。

*「なにい」。

「なんだよ一体」という訳が分からんというニュアンスと「なんか用?」と煩わしそうに言うニュアンスの二通りが考えられる。イントネーションの違いで使い分けられている。

例「なにい、わしんどうかしただ?」(なんだよ俺がどうかしたって?)

*「なにか」。

「それがなにか」となんか文句ある?と開き直ってる勢い。まあ共通語だろうな。

*「なによ」。

例「それんなによ。なんか文句あるだか?」(だからなに?なにか文句でも?)

*「なによう」。女性が発すると「なにや」とほぼ同じ意味合い。男が発すると「それがどうかしたのか」というニュアンスになることがある。

例「それんなによを。いいじゃん別にい。」(だからなんだって言うのさ関係ないでしょ。)

*「なにょう」。

「なんだと」と言っている。

例「おんしゃなにょう寝言こいてるだあ。」(お前はなに訳分からない事ぬかしてるんだ。)

*「なにかや」。

どうかしたのか?高年齢の人が使う事が多い。野次馬的好奇心で聞いてきてると思われたりもする距離を置いた介入の際に発せられることが多い。

例「わしんやっただけどそれんなにかや。」

*「なにがだ」。

それがどうしたというのだ。

*「なにしたよう」。

「なにをしたんだ」と言っているのであるが「なにした?」という言い方よりも「よう」を付ける事が多い。

遠州では使わないのは

「なんや」・「なん」・「なんぞな」など。「なんだと?」という言い方は遠州人はあまり発しないように思える。

その理由はなんとなく仰々しいというか事を大事にするみたいな印象に感じられるからであろうか。「なん」という言い回しは「なんだよ」とか「なんだあ」という表現は存在してるようにまったくしない訳ではないがあまりしない(控えめ)方向性があるかもという考えが成り立たつかもしれない。

|
|

« スクール!! その5 | トップページ | Dr. 伊良部一郎 3話まで »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50242081

この記事へのトラックバック一覧です: *「なに」の種類:

« スクール!! その5 | トップページ | Dr. 伊良部一郎 3話まで »