« 三国志 第5話 | トップページ | CONTROL 犯罪心理捜査 その5 »

*「きにしい」の「しい」

「心配しい」(余分に心配する人)・「気にしい」(気にする人)・「疑いしい」だと「疑い深い」など。

「気にしい」の別の言い方では「気い遣い」というのがよく用いられる。

ぶっちゃけて訳せば「屋さん」もしくは「性」。

「心配しい」→「心配屋」・「心配性」

「気にしい」→「気にしすぎ屋」・「気にし過ぎ性」それか「考え屋」・「考え性」

感覚的に訳すと「そういう性分な人」。

まあ広い地域で使われてる言い回しで遠州弁という事ではないのだが、遠州でも使うよということで記載。

「きにしい」のニュアンスとしては「取り越し苦労をする人」つまり「過敏過ぎる」ことを遠まわしに諌めてる感じであろうか。

例文

「まあちっと遊んできまい。」

「でもなあ、うちの親心配しいだもんで帰るっつった時間に帰らんと後でめんどくさいだよ。」

「じゃいいじゃん連絡しときゃあ。遅れるでねっつやあいいだら?それで。」

「そんな簡単にゃいかんだよ。」

|
|

« 三国志 第5話 | トップページ | CONTROL 犯罪心理捜査 その5 »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45718317

この記事へのトラックバック一覧です: *「きにしい」の「しい」:

« 三国志 第5話 | トップページ | CONTROL 犯罪心理捜査 その5 »