« LADY・最後の犯罪プロファイル その6 | トップページ | バーテンダー その2 »

*あおむけ

「仰向き」。上の方を向くということ。「あおむき」というよりも「あおむけ」という言い方をする方が多い。遠州弁では普通には「あおむけんなる」で仰向けで寝る(横たわる)という状態を指す。

従って「あおむけ」の逆は「うつぶせ」で「うつぶせんなる」ということになる。

「仰向きになる」とかは共通語であろう筈でそれが「あおむき」じゃなく「あおむけ」と言う事が多い程度のことは方言の部類に入るものではなかろうと思われるが一応こういう傾向は地方性があるかなと思って記載。

このほかにも遠州に於いては集落によって言い方が異なっている。

たとえば「ああむけ」・「あおのけ」・「ああのけ」とかが主に使われる集落があるそうな。これが遠州弁特有の表現なのかは定かではない。

そこでネット辞書で調べてみると「あおむく」(仰向く・あおむけるの文語形)・「あおのく」(仰のく・あおのけるの文語形)と記載されている。「あおむけ」・「あおのけ」もネット辞書に記載があった。なので方言といえるのは

「ああむく」と「ああのく」といった「あお」(仰)が「ああ」もしくは「あ~」となった場合であろうか。

つまり「のく」・「むく」はどちらを使っても(なんで「向く」が「のく」になるのかは知らないが)共通語の範疇で「あお」を「ああ」と発する部分が方言的ということになるのであろう。

ちなみに私が育った集落では「あおむけ」であり「ああ」・「あ~」とは発しなかった。

例文(注、下ネタの下品な例文ですのでそういうのがお嫌いな方はパスしてください)

「○○さんお入りください。」

「お願いします。」

「どうしたでえ。」

  (どうされましたか。)

「朝からどうにも下腹が痛くて。」

「そりゃかんねえ。ほいじゃ診てみるでそこんさあああむけなってみてやあ。痛くてああむけんくなってるならうつ伏せでもいいだけえが。」

  (それはいけませんねえ。それでは診察しますのでそこに仰向けになって寝てください。仰向けだと痛くて堪らないという事であればうつ伏せでも構いませんが。)

「あのう・・先生私お腹痛いんですけど。」

「さっき聞いたにい。」

  (さきほど伺いましたよ。)

「それに、なんというか私包茎とかじゃないんで・・・・。嗚呼剥けんとかで痛いという事ではないんですけど。」

|
|

« LADY・最後の犯罪プロファイル その6 | トップページ | バーテンダー その2 »

1-2・遠州弁あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50791579

この記事へのトラックバック一覧です: *あおむけ:

« LADY・最後の犯罪プロファイル その6 | トップページ | バーテンダー その2 »