« *憎らしいの種類 | トップページ | 告発・国選弁護人 その4 »

*だ+α

だらだにだもんでといった遠州弁の特徴といわれるものにすべて付いている「だ」。一体どれくらいの種類があるのだろうか。とりあえず有る無しに関わらず羅列してみる。もちろん単なる言葉遊びで例えば「だら」という言葉がある訳ではなく「だ」+「ら」であるのであくまで遊びとしてのものである。

「だあ」有り。「そういうもんだあれ」(そういうもんさ)。

「だい」有り。「はあ寝るだい」(もう寝るんだよ)。

「だう」無い。

「だえ」微妙。「そういうもんだえ」(そういうものさ)女性表現か。でも遠州弁じゃないよな。

「だお」有り。「別に買わんでもいいだお」(別に買わなくてもいいんだぞ)。男言葉「お」=「ぞ」。

「だか」有り。「そういうもんだか」(そういうものなのか)。

「だき」無い。

「だく」無い。

「だけ」有り。「そういうもんだけ」(そういうもんなのかい)。

「だこ」無い。

「ださ」無い。「だわさ」ならあろうが。

「だし」有り。「そういうもんだし」(そういうもんだろうし)「だしい」という方がよく使われるか。歯切れが悪い印象を与える。

「だす」微妙。「そういうもんだす」(そういうものです)明らかに遠州弁じゃあないよな。何処の言葉なんだろ。漫画の世界だけなのかな。

「だせ」無い。「だぜ」ならあろうが。

「だそ」無い。「だぞ」ならあるな。

「だた」無い。「だだ」なら有る。「そういうもんだだ」(そういうもんなら)

「だち」無い。

「だつ」無い。「だづ」なら東北系にありそう。

「だて」有り。「そういうもんだて」(そういうものだよ)諭す勢いが強い。「だで」も有り。「そういうもんだで」(そういうもんだから)

「だと」有り。というか共通語だよな。

「だな」有り。山下画伯の口癖として有名で遠州弁とかじゃないんだな。

「だに」有り。「そういうもんだに」(そういうもんだよ)

「だぬ」無い。

「だね」有り。共通語。

「だの」有り。「そういうもんだの」(そういうもんだね)言い切り度が強い。

「だは」無い。「だば」だと東北系の表現としてあろうが。

「だひ」無い。

「だふ」無い。

「だへ」無い。「だべ」なら関東系であろうか。

「だほ」無い。

「だま」無い。

「だみ」無い。

「だむ」無い。

「だめ」無い。

「だも」無い。「だなも」だと名古屋方面っぽい。

「だや」有り。「そういうもんだや」(そういうもんだな)

「だゐ」無い。というか不明。

「だゆ」無い。

「だゑ」有り。「そういうもんだゑ」(そういうもんなんだよ)

「だよ」有り。「ちゃんとみてただよ」(しっかり見ていたんだよ)

「だら」有り。「ちゃんとみてただら」(おそらくちゃんと見ていただろ)

「だり」無い。

「だる」無い。

「だれ」微妙。「あれそうゆうもんだれ」(おや、そういうもんなんだよ))。「だあれ」が正しいのかもしれないとこが微妙な点。

「だろ」有り。

「だわ」有り。共通語の女性表現の「だわ」とは別物で男女共用で「おんしゃゆったとおりだわ」(あんたの言った通りだよ)とかいう言い方である。

「だん」有り。「そういうもんだん」(そういうものだけれど)

「ま」行はとにかく無い。長い記事の割にはなにも収穫がなかったな。

話しを逸らせて「だ」。遠州弁は「なもので」を「だもんで」・「なので」を「だで」・「なのに」を「だのに」(これは人それぞれだが)といった風に「な」よりも「だ」を駆使する傾向にあろうかと。それ故に濁音がやたらと多くて嫌だという他所の地域の人が思ったりする要因のひとつにもなっているのであろうか。

「なに?」を「なん?」とか言わないし、「なのに」を「だのに」と言ったりもする。

|
|

« *憎らしいの種類 | トップページ | 告発・国選弁護人 その4 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50407944

この記事へのトラックバック一覧です: *だ+α:

« *憎らしいの種類 | トップページ | 告発・国選弁護人 その4 »