« *塩辛いの言い方 | トップページ | 三国志 第8話 »

Dr. 伊良部一郎 5話

 脅迫観念かあ。締切とか納期とかが無いと堕落しがちなタイプにとっては一概に排除すればいいてもんじゃないような気がしてくる。そういうのはプレッシャーの範囲内であって別物だと言われればああそうですかなんですが。

過度に無理をしてるという事によるものなのか自分に正直じゃないという事によるものなのかでも違ってくるんだろうな。

展開の流れからすると後者の理由を治療したみたいで自分らしくしたら改善されたというものになっていた。

自分としては、若さを維持する為に過度な無理をしてる為という前者の理由を治療するものだと思って観てた。

「じゃあ太っちゃえば?」という解答になんで?と問われた返答の

「未知なるものを不安がるものだから」とて

太るのが怖いなら一度太る事を体験してみれば恐怖ではなくなるとの事。

なるほどなあと。じゃあ仕事の方はどうするんだ?と思ったし、引退発表する気でいたという流れだったからてっきり歳相応が妙薬なのかと。第三話と被るよなあと思いつつ。

でも辞めれば済むってのもなんかなあと思っていたら饅頭えいやと平らげた開き直りて応援の声が届いてで引退撤回して自分らしくを取り戻したという顛末に進んで行った。女優を続けるということは無理を続けるということになる訳で。

家庭を顧みないことへの反省がどう作用して良くなったのかいまいちピンとこなかった。女優辞めてやると思った事が「未知なるものを不安がる」における未知の事を経験したからと言ってたけど太ってはいけないという生活はまだまだ続くということじゃないのかと。

無理なく(自分らしく)無理するっていう禅問答のような結論だったな。

それにしても浅野さんの女優というカリスマを演じてきた時の張りつめた表情から引退を決意した時及自然体を取り戻した以降の穏やかな表情への移り変わりが印象に残ったなあ。

|
|

« *塩辛いの言い方 | トップページ | 三国志 第8話 »

2・2011年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50991335

この記事へのトラックバック一覧です: Dr. 伊良部一郎 5話:

« *塩辛いの言い方 | トップページ | 三国志 第8話 »