« 三国志 第4話 | トップページ | *憎らしいの種類 »

CONTROL 犯罪心理捜査 その4

 初めての次週に続くとて、事件についての感想を述べるには分からない事のみぞ多かりきで下手な勘繰り語るに落ちるであろうからそれは来週にという事にしておいて。

少なくとも死亡推定時間のトリックという事ではなさそうだ。100%の動機を持つ者は何者かにいい様に手の中で転がされているようだ。

知的ゲームの様相で推理ゲームとしては面白いよなあ。南雲(藤木さん)に挑戦者現るみたいな。

生兵法は(下手な心理学は)大ぽかのもとってな具合で嗤えるくらいたぶらかされてた課長(勝村さん)ににやけてしまいました。それをあっさり打ち消した南雲の理屈づけとの対比がより効果的であったかな。やっぱ桃栗三年柿八年並みに経験を重ねないとであろうとて便利だからといって滅多やたらと飛びつくのはどうかという教えとも取れる哉。

それにしても状況が予想を超えて進行してく様は面白いな。

それと何気ない会話のシーンとかでの遊び心も多くて朗らかに観れるというのも観易くていいな。

松下さんの「寺西、も~言うなって言ったのに。」というセリフが印象が強かったです。こんなお芝居上手いお方だったかなあと思えた素直(自然)な感情のリアクションだったなあ。人の話しを聞く(反応する)お芝居も表情豊かでちゃんと聞いてる風に映るし。

|
|

« 三国志 第4話 | トップページ | *憎らしいの種類 »

2・2011年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50751735

この記事へのトラックバック一覧です: CONTROL 犯罪心理捜査 その4:

« 三国志 第4話 | トップページ | *憎らしいの種類 »