« *う音便はあまり | トップページ | 深夜食堂 その1 »

外交官・黒田康作 その6

 え~、最初にですねえ言い訳しときます。書こうと思ったら管理画面にアクセスできなくなっていて。で、ぼ~としてるのもあれなんで他の事やってたら頭がこんがらがっちゃってどうにもこうにもで。アクセス復旧したらば既に夜も遅くなってまして・・・

で、一度観てすぐ書いた感想を転記して好しとしちゃいます。いつも以上に浅く頓珍漢な感想でごめんなんしょ。

このドラマの前に放送してた告発では全貌の先読みヤマ勘が当たって読めたけど、こちらはさっぱり。

というか芋づる式にぞろぞろ犯人現るという勢い。

これはどうみても薬物での恨みつらみを共有する人たちの集団が関係してるに違いないと思えてくる次第。

その集団がどこまで膨らむのかが味噌なんだろうかな。標的はほぼ見えつつある感じか。だから凄く膨らんでも驚きはないだろうな。驚くとしたら標的が予想してたのと違うって方向かしらむ。

それにしてもこの回「柴咲コウ」は絶品だ。別嬪とは思わないけど絶品だ。

この前は織田さんが激しく男前を披露してたから替わりばんこで魅せてくという趣向なのかな。

そういえば以前に映画でこのお二人共演してられましたなあ。あの時は織田さんばかりに目が行ってたから共演されてた事失念してましたわ。あの時とどう違うんだと反芻してもキャラの違い以外思いつかないんですが、このドラマでの「柴咲コウ」演じる「大垣利香子」は「黒田康作」と互角に渡り合っていて見応えありますわ。というかうまく噛みあってるというべきか。

|
|

« *う音便はあまり | トップページ | 深夜食堂 その1 »

2・2011年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50901289

この記事へのトラックバック一覧です: 外交官・黒田康作 その6:

« *う音便はあまり | トップページ | 深夜食堂 その1 »