« *「よう」と「よを」と「よお」と「よ~」 | トップページ | *「きにしい」の「しい」 »

三国志 第5話

劉備達三兄弟がひたすらかっこよかったな。

それにしても呂布との戦いのシーン。

馬に乗ってるだか降りてるだかよう分からんかったな。舞うようにして闘うという「舞闘」とかいうのを表現するとこうなるというのかしらむ。

アクロバティックと呼べば聞こえはいいけど。正直見づらかったな。

三対一は卑怯なりとかにはならないのかとつい思っちゃいましたが、呂布がひとりで十分と言った手前文句言えないという事なんだろうな。

それにしても呂布。大層若いよな。

大層といえば曹操は劉備をえらく買ってたなあ。

劉備達はこれで離脱が完了したということになるんだろうかな。追っかけたとこで切れちゃったけど。よくやったと再び迎い入れられたりとかはなかったんだろうかな。

|
|

« *「よう」と「よを」と「よお」と「よ~」 | トップページ | *「きにしい」の「しい」 »

2・2011年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50807320

この記事へのトラックバック一覧です: 三国志 第5話:

« *「よう」と「よを」と「よお」と「よ~」 | トップページ | *「きにしい」の「しい」 »