« すっぱい | トップページ | 告発・国選弁護人 その3 »

たれよりも君を愛す(仮)

 テレビの情報誌にフジテレビ系で卯月にスペシャルドラマ「たれよりも君を愛す(仮)」が放送されるという紹介記事があった。

「たれ」は「誰」と言う意味と老舗の秘伝に「タレ」を掛けたものであろうか。うなぎ屋さんが舞台の家族のお話しというものらしい。

ところでドラマネタをなんで遠州地方ネタという事で記事とするのかというと背景設定が

浜松の老舗うなぎ屋の大将とその娘が主人公というお話しらしいからである。で、その娘役を「長澤まさみ」が演ずるということである。長澤さんといえば在所が磐田という遠州人である。

浜松もしくはうなぎ屋でなければならないから浜松としたのか遠州弁を駆使せんがために浜松としたのかでまあ食いつき具合は変わるけど

もし遠州弁を駆使せんがためという事であればこれは遠州弁をネタとするこのブログが食いつかんでどうするというところなのである。

以前別のドラマで長澤さん在所が浜松の美容院という設定の役柄がありその際は遠州弁のかけらもなくて残念だったけど、今回はどうなんだろ。あの時母一人子一人でお母さん役は「小泉今日子」だったっけ。小泉さんその後遠州弁を使った舞台にお出になられたとかを耳にしてそんなこんならあんとき(あのドラマの時)ネイティブの長澤さんとやりゃあよかったじゃんと思わんでもなかった。

今回はお父さんが高橋克実さんとな。おじいちゃんにあのお方が登場なされたらどこぞのCmでの家族そのまんまだいね。

まあそんなヲタはともかくだいぶ先の話ではあるけれど、期待してしまうな。どんな遠州弁を駆使するのだろう。全国放映ということでどこまで方言性をそぎ落とすのかに興味が湧く。

なんしょだあだあじゃあどんびかれるで相当いぜるだらなあ。まんまじゃかんだらなあ。どこまでがセーフだかを知るいい機会といえるわなあ。ホント出来りゃあ台本見さして欲しいくらいだわ。ほんでそれと実際の遠州弁とを較べてあじゃあじゃ書きゃあ記事のネタは相当事欠かんでねえ。放送終了後でいいだでくれんかねえとつい思っちゃうぐらいだよを、くれんだろうけど。

追記

ネットで調べたらテレビ静岡製作で「うなぎパイドラマスペシャル」とあった。

なるほどそれで舞台が浜松でうなぎが絡んでる必然性があるのか。それじゃああんまり遠州弁の方は期待できそうにもないかもな。よそいきで喋る事になりそうだな。でもまあ微かな望みを抱いて期待しよう。

つうかモロ遠州弁バージョンと共通語バージョンの二種類制作して県内だけはモロ遠州弁バージョン観れるとかにしてくれりゃあいいだけどやあ。無理な注文だらなあやっぱ。

それにしても脚本がちりとてを担当された藤本有紀さんとはこりゃまたえらく気張ったもんだテレビしぞ~かさんは。

|
|

« すっぱい | トップページ | 告発・国選弁護人 その3 »

1-4・遠州地域ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50700755

この記事へのトラックバック一覧です: たれよりも君を愛す(仮):

« すっぱい | トップページ | 告発・国選弁護人 その3 »