« スクール!! その1 | トップページ | 三国志 第2話まで »

*「せよを」と「せよやあ」

「そうせよを」と「そうせよやあ」。あくまで遠州弁でのお話し。

さてどっちが強く指示されているかというと。

「そうせよを」の方が言い方がきつい(強い)。

訳すと

「そうせよを」(そうしろう)ほぼ指示・命令。

「や」を強く言った場合の「そうせよやあ」(そうしろよ)強い要請もしくは強要。

「あ」を強く言った場合の「そうせよやあ」(そうしてくれよ)言葉ほどには強要していない。強い依頼といった勢いであろうか。

「はよう」(早よう)の場合においても

「はよう、はよう」と「はよせよやあ」では急かしてる感は前者の方にある。もっともじれてる感は「はよせよやあ」の方が苛々してる勢いが強いところではあるが。

ちなみに「よを」であって「よ」ではない。

「そうせよ」ということになればこれは遠州弁では無く共通語のほぼではなく直の指示・命令ということになる。

そして「よを」であって「よう」でもない。

「そうせよう」だと「そうしよう」で共通語であり遠州弁ではニュアンス的には「そうせまい」がこれにあたる。

ちなみのちなみで「よを」にはいくつかの種類がある。

「ホントだよを」(全くだ)「だ」を強く言い「よを」を軽く流す勢いのもの。というのとかがあるのだがここで述べている「せよを」は「よ」を強く言うものである。

「せよを」のニュアンスで近い言葉としては関西系の「せえや」が近いであろうか。

|
|

« スクール!! その1 | トップページ | 三国志 第2話まで »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50409044

この記事へのトラックバック一覧です: *「せよを」と「せよやあ」:

« スクール!! その1 | トップページ | 三国志 第2話まで »