« *こすかな | トップページ | *えらい その2 »

*最近の「まい」と「まいか」の使い分け

意味的なものは別の記事ですでに説明したのでここでは使われ方の違いについて考えてみる。

あくまで実際に使っていて受ける印象なのでこう変化しつつあるとかいう事実ではない。

例としていわゆる遠州弁の代名詞とも言われるようになった「やらまいか」。

あまり普段耳にすることは無く普段遣いに於いては圧倒的に「やらまい」という事の方が多い。

これは「やらまいか」が最早古い言い回しになりつつあるという事ではなく使いどころが違うのであろうかと。

相手(声掛けの対象)がひとりか大人数かによって使い分けられているからであり、多人数の前でなんかするという事があまりなくなった事によるものであろうかと。

つまり相手がひとりなら「お~いやらまい」でありその範囲は二・三人程度まで広がっており

集団(大勢)に対しては「なあ皆の衆やらまいか」といったような使い分けが為されているという風に思える。

「やらまいや」となると人数に関わりあいなく使われていると思われる。「やらまいや」に「なあやらまいや頼むでえ」(なあ頼むからやろうよ)とかいった微量ながらも依頼というニュアンスが含まれる。

ちなみに「まい」も「まいか」も呼びかけであって掛け声ではない。掛け声だと「にい」(やるにい)または「でえ」などで「さあやるよ」・「やるぞ」というニュアンスである。それが最近は「やらまい」も時として掛け声(にいより和らげた表現のニュアンス)で使われるようにもなっていると思える。

|
|

« *こすかな | トップページ | *えらい その2 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50430129

この記事へのトラックバック一覧です: *最近の「まい」と「まいか」の使い分け:

« *こすかな | トップページ | *えらい その2 »