« *そうだよを | トップページ | *遠州弁というには微妙な言葉 「おれっち」 »

*意外の程度の使い分け

「なによをその恰好様んなってるじゃん。いつもやってるだけえ。」

  (へ~その恰好様になってるじゃないの。いつもやってるの?)

「なによを」。あらま意外というニュアンスが強い。

これが超意外という驚きもどきだと「あれえ」がよく使われる。

「あれえその恰好様んなってるじゃん。なによをいつもやってるだけえ」となる。

この上の驚愕というレベルだと

「いやあなにっ?恰好様んなってるじゃん。いっつもやってるう。」もしくは「いつもやってるのけ」

これが「ふ~んいつもやってるんだあ」という感心してる言い方だと

「なにいその恰好様んなってるじゃん。いつもやってるだあ」・「いつもやってるだか」

ほかにも「うっそお」・「うそだあ」もよく使われるが「あれえ」と「いやあなにっ!」の中間辺りのニュアンスか。イントネーションは「そ」と「だ」を強く言う。

上記は基本女性の言い回し。男表現だと

「なにしたでえ」・「どうしただあ」

「ほんとにけえ」・「ホントかえ」

「やあなんでえ」・「やあなんだやあ」

「なにや」・「やあばかっつら」(厳密には予想外であって意外ではないが

「ふ~ん」は「ほ~」・「へ~」辺りであろうか。

とかいう言葉に置き換える事となる。尚、あくまで一例であり他にも言い回しは存在する。

意外ということは思ってもみなかったということであり、それはいい方も悪い方も在る訳であるがここに挙げたものはほとんどが両方に使われるものであるが、強いていえば悪い方専用に近いとなると「いやあなにっ!」・「やあばかっつら」がそっち寄りであろうか。

|
|

« *そうだよを | トップページ | *遠州弁というには微妙な言葉 「おれっち」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50382779

この記事へのトラックバック一覧です: *意外の程度の使い分け:

« *そうだよを | トップページ | *遠州弁というには微妙な言葉 「おれっち」 »