« たれよりも君を愛す(仮) | トップページ | *ど その2 »

告発・国選弁護人 その3

 新たな弁護が始まった。今回は一話完結でこれはこれで面白いな。展開が転回してあらまの犯人にまで至るというのは。とにかく無罪を勝ち取るまでとかいものではなくて事件の全容をきっちり明らかにして終わらせるところが観ていてすっきりするところではある哉。

まさか真犯人があの人とはねえ。それをあの場で提示するというのは劇的だったなあ。検察と警察のメンツ丸潰れじゃないのかと余計なお世話な気分にもちょっとなりました。

それくらい鮮やかだったということですわいな。しかしながら前回までの因縁はもう描かれる事はないのかな。この回は繋がりは感じられなかった。

ところであまり多くを見ている訳ではないのだが、こういう弁護士さんのドラマってどれも一件集中というかそれのみに専念してる風に映って見える。色んな案件一辺に抱えたりとかはしないのかな実際は。

いくつかの事件を担当しながらそれぞれに於いて如何に処理していくのかとかいう様を見てみたい気もするな。仕事の大変さってそういう幾つも抱え込むところにもあるだろうから。

ひとつの事だけに集中できるって仕事は憧れだけど、なかなかそんな夢みたいな職業はないだろうから。弁護士さんもそうじゃないのかと思う訳ですよ。でもそういった中で最善を尽くす強さを見てみたいよなあと。

それにしても浮気した旦那が不倫相手の母親(要介護者)の様を目の当たりにしたら腰が引けたというのはなんかちょびっと共感してしまいました。こりゃ私も殺されても致し方ないタイプの人間なのかもと思うとぞくっとしますわなあ。

|
|

« たれよりも君を愛す(仮) | トップページ | *ど その2 »

2・2011年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50705226

この記事へのトラックバック一覧です: 告発・国選弁護人 その3:

« たれよりも君を愛す(仮) | トップページ | *ど その2 »