« しょんないTV 第4回 | トップページ | *ばかばっか その3 »

ひとりじゃない その2

 第2話になって毒が薄まった。主人公が前向きになったからだろうか。きっと頭のいい人なんだろうな口は相当悪いけど。

それにしても看護師さんすたすたと近寄ってきたと思ったらいきなり張り手くらわしてたけど、どうして死のうとして屋上に上がったというのを知りえたんだろう。凄い都合よく現れたみたいでなんか気になった。

いずれにせよこの屋上の一件から前向きにリハビリに励むようになったのだから大きな転機ということなんだろうな。個人的にはいきなり黒が白にひっくり返ったような転換と映ったのでもう少ししっくりいくようにじわじわと変色していって欲しかったな。もっともまだ完全にふっきれたという事も無くまだ紆余曲折はあろうが。

それにしてもの山本竜二さん。随分とお久しゅう振りに拝見。

現時点でのお悩み3人衆のうち一人は前を向きひとりは仮面を再び被りでいまひとりは馬鹿にしてたリストカットをして総スカンを食ってる最中。

病院も転院したことだしもう接点は途切れたのかなと思える。これをどう再びつなげていくんでしょうね。

周りの人々はこれが結構大変だし偉いよなあと思える人々だ。事故を起こした男は親を伴わず自ら侘びをいれにいく。なかなか出来ることじゃない。どう言われるか分かりきっていてそれに答えられないという窮すのを覚悟の上でなんだから立派に映る。

カミソリがお友達の患者からけちょんけちょんにあんたはどうなのと言いたいこと言われてる先生(お医者さん)。言われっ放しで場面転換してしまって先生あの時どうやってその場(診察)を収めたのか知りたかったな。

さよならをわざわざ言いに来た彼女というのもけじめを大切にするもんだ。普通はフェードアウトだろうにと。

看護師さんは熱いし。転院後の新しい看護師さん?は逞しいし。

一番気になるのはお父さんだよな。これからどうするんだろ。どうやりきれない気持ちを抑えつけていくんだろ。

まだまだ色々見るとこがあるけれど、毒が失せたのは少し・・・。なってしまった者でしか発せない言葉や想いというものをもっと聞きたかったな。それはきれいごとじゃ決してないだろうから。地上波では流せないものかもしれないし。BSだからこそというものがあるのならそれを表現して欲しいかなと。

|
|

« しょんないTV 第4回 | トップページ | *ばかばっか その3 »

2・2011年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50600977

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりじゃない その2:

« しょんないTV 第4回 | トップページ | *ばかばっか その3 »