« *遠州弁に敬語はあるのか | トップページ | LADY・最後の犯罪プロファイル その3 »

外交官・黒田康作 その2

 初回がやたらと豪華な打ち上げ花火のような回だったので二話以降はしょぼくなりはしないかと危惧してたけど、いらぬ心配でありましたなあ。

「極上」なドラマで観ててわくわくしてきますわ。色んなとこで謎が湧いて出てきてどう絡むんだろと先を知りたくなる。登場人物が多いけど整理されてるというか場面や状況の転換があっても誰だっけ?とかいう事も無くすんなり理解できてる。

とりあえずこの回は「生きてた」という確信を得たということであろうか。で、なにをする気なんだというのをこれから探るということになるんだろうな。殺人事件の真犯人が捕まるのが早いか生きてたあの人が捕まる?のが早いのかどっちなんでしょうね。

それにしても柴咲さん映えてるよなあ。「柴咲コウ」という役者さんの作品の選び方が優れているのか「柴咲コウ」という役者が演じるから作品が光るのかは定かではないけれどとにかく印象に強く残る。

メインの黒田は優れた人物だし多くを語らないから不気味さがあってどうしても利香子(柴咲さん)目線でドラマを観てるせいもあるのかな。

それに黒田はまだ今の時点では力を貯め込んでる状態で時期が来たら貯め込んだ分も倍返しでドカンと爆ぜるに違いなく、それまでは利香子奮闘という展開が続くのかなと読んでるところですが。

|
|

« *遠州弁に敬語はあるのか | トップページ | LADY・最後の犯罪プロファイル その3 »

2・2011年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50641724

この記事へのトラックバック一覧です: 外交官・黒田康作 その2:

« *遠州弁に敬語はあるのか | トップページ | LADY・最後の犯罪プロファイル その3 »