« *ばかばっか その3 | トップページ | *「せよを」と「せよやあ」 »

スクール!! その1

やはりこれは期待してた以上に面白い。善い言葉のオンパレードだよな。

それにしてもドラマとしては面白いけど現実のスケッチだとしたらばこれは洒落にならないとこだよな。

昔の学校を知る(体感してる)人間からしたらこの景色は「荒廃」に映るけど今しか知らない(今まさに通ってる)人間にしてみたらこれは「地獄」と映ってるであろうか。昔は「鍛錬の場」だったけど今は「試練の場」なのだろうかな学校という場は。

教育の場をテーマにしたドラマを最近よく観るようになったけど、その描かれている世界はとにかく問題山積で超複雑怪奇に絡まっていてややこしい。推理物のような犯人はお前だ~みたいな犯人捕まえて一件落着とかいうシンプルなお話しでないことが多い。親の都合に原因がありそうな気もするし子供自身にもなにがしかの甘え(こまっしゃくれ)がある風にも映るし世間一般が歪んでるという事もいえそうだし。こういう世界に誰がしたんだといえばこういう現象が起こり始めた時の偉いさんの世代ってことになるのかな。

まそんな責任論妄想してもせんない事であるし正解なんてものがそもそもないんだろうから張り切るしかないんだろうかな。

色々考えさせられるお話しであります。

それにしても熱血だな。それが清々しくて観てて気持ちいいや。周りの閉塞感もまた満ちていて雰囲気あるしこれを一掃して晴れ晴れとさせたらさぞかし気持ちいいだろうなと思わせる。それを成し遂げてくれそうな予感がして愉しく観れそうだ。

ホームページの相関図には成瀬(江口さん)と桐原(西島さん)は「対立」となっているけど、一話見る限りでは「期待」という勢いに感じたけど気のせいなのかな。

始まったばかりだけど終わり方としては何事か成し遂げた後再び苦楽を共にした仲間の元へ(再集結して)戻っていくのかなとふと思えた。だって皆絆は固そうだし就いてる仕事にしても再起を図る為の忍従の日々を送ってる風に映ったから。

|
|

« *ばかばっか その3 | トップページ | *「せよを」と「せよやあ」 »

2・2011年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50608418

この記事へのトラックバック一覧です: スクール!! その1:

« *ばかばっか その3 | トップページ | *「せよを」と「せよやあ」 »