« 2010年11月7日 - 2010年11月13日 | トップページ | 2010年11月21日 - 2010年11月27日 »

さかしま

「逆しま」{しまは接辞}「さかさま」の雅語的表現。と辞書にある。

パッと聞きした感じだと「よこしま」とか「さかしい」というイメージに近いので「あざとさ」が籠もったニュアンスなのかという勢いに感じてしまうのであるがそうではないらしい。

意味するところは「さかさま」。

しかも雅(みやび)な表現だそうな。

「さかしまな考えをもつんじゃない」と「よこしま」とこんがらがっちゃいそうだがそうではない、というより使い方がおかしいという事か。確かに「さかさまな考え持つんじゃない」なんて言わないものな。

でも「あんた上と下さかしまだよ」なんていうのかなあ。

つまり文章全体が雅語的表現としてまとまっていないと使えない言葉ってことなのか。それとももっと限られたものにおける「さかさま」なのか。古文の例文は見かけるけど普通の文章の例文がそうそう見かけない。

「いとしい」・「いとおしい」も雅語的表現とされてるけど、これらはそんな制約なくても使えるのになあ。まあだからあまり使われないって事にもなるんだろうけど。

ちなみにネットでは「さかさま」の他に「道理に背く事」という意味もあるというのを見かけたけれど確か「道理」の雅語的表現は「ことわり」だった筈なので「ことわり」の反対語は「さかしま」って事になるのか?

「節理のことわりに従って」とかを「節理のさかしまにとって」とかいうって事になるんかい?なんか痛いなあ。

なんてことを大分前に疑問に思えたけど分からずじまいでそのまま放置してたんだけど、最近見始めたネットの辞書を見たら

①道理に背く事。よこしま。例文「さかしまな心を抱く」②さかさま。さかさ。というのがあった。

なんか①の説明は随分と昭和の辞書と異なるものだ。昭和の辞書の説明がシンプル過ぎたのか時代の変わりと共に意味まで変わるものなのか。

ん~ますますよく分からんぞ。でもとりあえず現在の意味使いでは「よこしま」ニュアンスが混ざっていても変じゃないらしいことだけは分かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*でなんだあ

「それでどうした」・「それでなんだ」とか言っている。男表現であり女性の場合には「でなによを」。

「ところでなんだ?」とかも言ってる場合もある。

「出なかったよ」と言ってる場合もある「でなんだあ」。この場合は男女共用。

外国語の「デナーダ」。どういたしましてという意味らしいがどうしても「でなんだあ」と聞こえてしまう。

「それんなんだあ」で「それがなんだ」なので

「それん」=「それが」。「で」=「それで」という使い分けになるところであろうか。

「それんなんだあ」が開き直りもしくは言われたことに動じない姿勢を表わすのに対し

「でなんだあ」は前置きはいいから要件はなんだ?と問うもしくはホントの事を言えと促す場合によく使われている。

例文

「明日行くだか?」

  (明日は行くのか?)

「行くよ。それんなんだあ。行っちゃかんだか。」

  (行くけどそれがなにか?行っちゃ駄目なのか?)

「こないだ行くっつってこんかったじゃん。今度もどうせ行くっつっといてこんだら。」

  (この間行くって言って来なかったじゃないか。どうせ今度も行くって言っといてこないんだろ?)

「失礼しちゃうやあ。あんときゃ車いごかんかっただもんでしょんないじゃん。」

  (失礼な事言うよなあ。あのときは車が動かなかったんだからしょうがないだろ。)

「でなんだあ、今度は。どういう言い訳つけてこんつもりでえ。」

  (ほ~それで?今度はどういう言い訳用意して来ないつもりなんだい?)

「行くって。絶対。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SPEC・警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿 その6

えらいくそ真面目な回でありましたなあ。

唯一瀬文(加瀬さん)を駄々っ子みたいに本を投げつけさせたくらいしか緩い部分がなかったかのように映りました。だいぶ瀬文のイメージ壊れましたけど。

対組織という構図になりつつあるようにも覗えるところでありまするが、一十一(神木さん)の存在はその組織に属してる者なのかはぐれ者なのか。前回病気を処方する者の存在を一十一は知らなかった風にも映ったのではぐれ者なのかなとふと思ったまでのことですが。

まあ組織というか少数民族の互助会みたいなものなのかもではありそうですが。迫害されてた者達がここへ来て立ち上がらんとすというような構図なんでしょうかねえ。それとも忍びの者のような目立たぬようにというのが信条でそれに反して目立ってしまった者を処分してるだけなのか。目的が読めない分さっぱりなにしたいのか分かりませんなあ。

別の考えとして魑魅魍魎が隠してきた真実を未詳が白日の下に晒すのだという決意を野々村係長(竜さん)が述べておられたのでなにがしかの権力者との対峙ということでそれに使われてきた能力者そのものは対峙する相手ではないということも考えられるところですな。病を処方するもの曰く、好き(快楽)で能力使ってるんじゃない防衛のためだという発言が気になるところです。

ここへ来て美鈴(福田さん)の存在が大きくなってきたようで、このスペックの持ち主は未詳の協力者となるんでしょうか。

それにしてもこう次々と能力者がゲスト以外にも出没してくると地居(城田さん)や瀬文なんかももしかしたらスペック保有者なんじゃないのかと勘繰りたくなってきますなあ。まあある意味当麻(戸田さん)も尋常な頭の回転力じゃありませんから野々村係長以外は皆能力の持ち主なのかもしれませんなあ。

餃子屋の店主だって前回おそらくは保険金目的で殺されたであろうに不死身っぽく復活して驚かれてましたし。

こうなると津田(椎名さん)の立ち位置が気になりますです。未詳にとっての敵か味方かどうかが。警察の機密ファイルにあった能力者の一覧表はなにをするためのものだったんでしょうか。それを元に津田が動いていることは確かっぽいところでありますが集めて何をするのかというのが謎ですな。

それと気になるのは「病を治す者」。ここまできたら居るんでしょうなあ。その者が当麻のちぎれた手を再生してくれるんでしょうか。一十一は時間を止める能力を持っているようで発火の能力ではないようで。当麻に危害を加えたのは別の能力者なのかもしれないとも思えるところですがそれとも複数の能力を備えてる特別な存在でやはり一十一の仕業なんでしょうかねえ。

まあとにかく謎のオンパレードで皆目先が読めず面白いですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ケイゾク 再放送 その1

 アンゴるモアの大王が降臨するぞと煽られ畏れられた1999年に放送されたドラマ「ケイゾク」。それが2010年の深夜にしぞ~か県で再放送されている。

何故この時期にというのは、もちろんというかおそらくは今放送されてる「スペック」(ケイゾク2)の援護射撃という意図であろうと多分に推測されるところである。

で、それに乗っかって視聴している自分であるが。観ちゃいますねえ。面白いですわ。ちなみに1999年のオンエア時は一切視聴しておりませんでしたのでこれがお初視聴なんですよ川崎さん。

勝手な想像ですが、どちらかというと始めにトリックありきでそれに付随して人間模様が構築されてるという節も感じられるところですが、そういう意味では推理しながら観るという点においては最近のドラマよりも動因部分は謎に包まれていて秀でているようにも映りまする。

でもなんざんしょ、決してゲーム感覚に陥らないのは後付けと想像される人間模様がおざなりになっておらずきちんとしてるとこがあるからでしょうか。第2話は医者という秀でた才を持つ犯人を捕まえちゃうと助かる命が救えなくなるとか第3話なんか復讐に走りたるを止められぬ(捕まえられなかった)警察よそなたは何をする人ぞなどとこの世はすべからく嗚呼無情とぞ映りけりとていとあはれなりせばもののあはれを感じたり。

あこがれの対象に成りうる様ないかにもなかっこいい人間がかっこよく事件を解決するのではなくねじが数本外れたような人間が常人では到達でき得ない領域に到達するのが快感でもありますな。それがなかったら暗いドラマに映ったであろうか。

ということで全体的に暗ぼったい感じが漂ったりもするのですが褪せていない何かが憑いてますな。2010年の今観ても面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ストロベリーナイト その2

 見直してみての追記感想。(がん見じゃなくてえぐいとこははしょったけど)

常日頃人は誰かに必ず何某かの迷惑をかけて生きている訳だけれど、誰かの犠牲によって成り立って(明日の糧となって)いくという考えはやはり間違っているよなあ。このドラマでは犠牲を「いけにえ」と呼んでいたけど同じ事だろう。

明日は我が身やもという戦慄が緊張感と生きてる実感を与えてくれるなんて御託並べてたけどある意味自分さえよければという考えの究極ともいえる光景なんだろうな。

それは悪い事と知りつつも快感となって抜け出せなくなる麻薬のようなものらしい。いくら元気で前向きに日々を過ごせるようになったということであってもそれで自身を容認するのはおかしいよな。

ドラマ程誇張ではないにしても現実として部下ををこき使ってナンボみたいな管理者やその上の経営者も部下の犠牲の上に立って(人の生き血を吸って)生きてるようなものだし、弱い人間からゆすって金品をせしめるとか決して絵空事ではないよなことは色々あるよな。しかもドラマと違って法律とかでは裁いてくれない分始末に負えないものも相当ある。そういうのは間違ってるという思いに至る時点で出世みたいなのとは縁がない人間であるというのがモロばれではあるが。別にいいんだそれで。

ドラマには自分の事として観ないとついてけないものと他人事(野次馬)として観ないと見られない(訳分からない)ものとに大きく分けることができるとしたらこのドラマはどっちなんだろうかな。

心に痛みを持つ主人公みたいには強くないから見上げる事はあっても共鳴はできそうもないし

警察官という目線で観てたら人間関係にげっそりきそうだし

ショーを楽しむ被害者予備軍という目線には絶対なれないし近寄りたくもない

自分の背丈にあった居心地のいいとこ見当たらないから距離を置いての野次馬目線ということになるのかな。それでないとほぼ全編痛みだらけで身が持たないもの。案外一番痛みを感じていなかった犯人さんが居場所としては居やすかったのかも。なんてな。

それにしてもおっかないドラマだったな。怖いとかいうホラーじゃなくて、最近の事件のニュースと較べてもそんな大した違いがないようで、全て現実に有り得そうな事ばかりみたいだったから下手すりゃ自分にもって事も起こり得そうなとこがおっかない。

ま、さすがに野郎なんでレイプはされないけれど。それでもなあ、おやじ狩りとかには出くわすかもと置き換えればありうるよなあ。ネットで個人情報盗られておどかされたりもあり得るし。おっかない刑事とかも実際いるのかな、いそうだよな。いけないことした奴にはいけない事してもいいのかな。それで善人が救われるのなら・・・・ん~微妙。それを止めれない周囲というのも・・・って、見て見ぬ振りに限っては日常ですでに起きてる普通の事か。

やっぱ当事者としてどの場にもいたくないからこのドラマは野次馬目線が一番楽しめるのだろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*だなあ

「そりゃ買うだなあ

別に遠州弁でもなんでもないだろうけど、共通語だと「それは買いだなあ」となるのであろうか。前に付く動詞の活用形が共通語と異なるというのに地域性があるのかも。

訳すと「そりゃあ買いだよなあ」になるのであろうか。ニュアンスを訳しにくい言葉である。「買った方がいいと思うよ」という方が近いのか?

「そりゃ買うだあれ」

だと「そりゃ買いに決まってるだろ」となるのであるが、この言い回しよりも「だなあ」は諭す感が強い。別の言い方だと「買うべし」=「買うだあれ」で「買うべきかと」=「買うだなあ」という感じか。

諭すと書くと聞こえはいいが、どうせ自分のいことじゃないからといった他人事という薄情さも篭もる事も多々ある。聞き手が弱ってる際に「だなあ」を発すると薄情と思われかねないところである。

「だなあ」は男言葉である。女性言葉は「だねえ」であろうか。

例文

「困ったやあ。どうすりゃあいいよを。」

「そりゃやるだなあ。それしかありもしん。」

「やるにしたって何から手えつけていいだか見当もつかん。」

「そりゃ気づいたとこからするだなあ。」

「なんか物言い冷たいじゃん。人のこんだでどうでもいいと思ってへんけ?」

「やっぱそういうのは伝わるだなあ。」

「はあいい。」

  (もういい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

医龍3 その6

 あげな高みより落ちたる由、命永らえりとても緻密を誇る神の手が無事とも思えずこれにて医者生命は断たれたろうてと素人にはかく映りたり。

そういう意味においての医龍死して伊集院(小池さん)が二代目医龍を襲名することと相成り、以降は屋上で上半身裸で舞うはこれからは小池さんになるのかあ。似合うかなあ。

なあんて思ってもいない事に思いを馳せながら観てました。

伊集院をチームに呼び戻す起爆剤にしては大きい代償だよなあと思えなくない有り様でありましたな。

あれで職場復帰したら凄い話しだよなあ。というか死ななかっただけでも凄いよな。

それにしても加藤ちゃん(稲森さん)は佳い人だあ。鬼頭(夏木さん)を姑とみなしたら細腕繁盛記のような辛抱と忍耐の先にある成功のために堪える嫁というポジションに似てるよなあ。細腕繁盛記なんて非常に古い話でありまして一瞬時代遅れなテーマだなとも思ったんですがこうして観れるということはこのテーマシチュエーションに工夫を凝らせばまだまだ現役で使えるもんなんだなあと。今回はそれが見事にはまってるということなんでせうね。

ガンバレ加藤ちゃんって感じで観てますわ。多少功名を焦って勇み足するお人ではありますが奔放な朝田(坂口さん)の首に唯一鈴をつけることが出来る人物ってだけじゃない勢いがいいですわ。

まあとにかく前回あっと驚く展開だったのでこの先予想しても覆されるに決まってるだろうから巡らすのはやんぴにして。

来週を楽しみにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

黄金の豚 その5

 素性がバレた。でもこういうのって早めにクリアしといた方が後顧の憂いなくのびのびとで観易いから逆にある意味よくここまでこのハンデを引っ張ったもんだと。もちろんどう落とし前をつけたうえでの晴れてのびのびとなるかは想像もつきませんが。

悪にはワルをぶつけるという手法ではありますが元ワルと現ワルじゃ心象相当違いますからなあ。改心したというお墨付きを貰っといた方が観易いですわいな。

それにしても毎回毎回書いてるけどこのドラマ悪党の作り方と悪党に虐げられてる人間の作り方がうまいよなあ。確実にぎゃふんと言わせてやりたくなるもの。冒頭でここに描かれているのは架空の国家のお話しとお断りを入れてるくらい「そちも悪よのお」とばかりの悪代官登場ですものなあ。こんなのが国を運営してるとなりゃそりゃ身上傾くわなあ。

そう考えてくと時代劇の現代版と読めなくもない勧善懲悪の物語ということになる訳だよな。だとしたら裏の家業の仕掛け人風ではなくお天道様に恥じない真っ当さが欲しくなるよなあ。このキャラには日陰者より単なるアウトローの方が似合う。

にしたって成敗するに啖呵切るとこまで時代劇っぽくしなくてもよかろうて。

ところで素性。バレたけどもみ消されたみたい。そりゃ明珍(生瀬さん)が至った結論は理解できるけど、なんで?どこまで引っ張るんだ?このハンディを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*おらん

「居ない」と言っている。

「おらんようになってはあどんくらいなるよを」

  (居なくなってもうどれくらい経つんだ?)正確には「いないようになって」であろうが。

もちろん「おらぬ」の変である。なので「おらない」という言い方も存在する。「ない」を「へん・せん」に代えての「おらへん・おらせん」という言い方もある。

「居ない」の言い方は他にも「いん」がある。こちらは「いぬ」の変だろうかな。したがってあえて書く必要もないが「いない」は当然存在する。「ない」を「へん・せん」に代えた場合「いやへん・いやせん」となる。

「いんようになってはあどんくらいなるよを」

となる訳であるが、やはり「おらん」と「いん」ではそのニュアンスが異なるものである。どちらが遠州弁っぽいかという事はなくどちらも遠州弁らしい言い方である。

どちらも「く」が付いて「おらんく・おらへんく」・「いんく・いやへんく」となることもある。

「おらんくなってはあどんくらいなるよを」

「いんくなってはあどんくらいなるよを」

この使い分けは定かではないが年齢が高くなると「おらん」をまだ若いと自負してる辺りまでは「いん」を使う傾向にあるように思える。

他には「おる」は自分(第三者)から見てその場に対象物が存在してるのを視認してる様で

「いる」は対象物の意思でその場に存在してるのを視認してるという様に受け取れるという違いを感じる。

目上に対して「おられん」(共通語だと「おられない」)といっても失礼にはあたらないが「いらっしゃらない」という言葉にあたる表現が「いん」に「いやれん」とか「いられん」とかいう言い方はないので「いん」の方がなめた言い方ととられたりすることもある。

例文

「あっちゃん見なんだ?そっちにおらん?」

  (あっちゃん見なかった?そっちに居ないかなあ。)

「おりゃせんよ。部屋におらんだ?」

  (居ないよ。部屋に居ないの?)

「いんだよ。どこいっただいやあ。」

  (居ないんだ。どこいっちゃったのかなあ。)

「なんか用押し付けられると思って逃げただら。」

  (なんか用事押し付けられるかと思って逃げたんだろ。)

「そうゆうとこだきゃあ鋭いでねえ。」

  (そういうところだけは鋭いからなあ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ギルティ 悪魔と契約した女 その6

 意外な繋がり二連発の図。

冤罪を仕掛けた黒幕は現時点では芽衣子(菅野さん)は掴んでいないとな。

火付け盗賊と宇喜田(吉田さん)がつるんでいるという図式が明らかになり宇喜田が限りなく黒いというのははっきりしたところであるが。もし黒幕だとしたら何の得があって冤罪をでっちあげたんだろうという疑問は残るわな。

それにしてもまたしても警察内部に悪さする奴がいるというシチュエーション。最近このパターンばっかりだよなあ。警察は信用するに足らぬという刷り込みを視聴者にこれでもかとテレビは与えてまるで洗脳をしようとしてるかのようでもある。その心はなんぞやと一度問うてみたくすらなる。

人間の中に善と悪は誰にでも存在するのだけれど、仕事として悪を捕まえるという職業に就いている誇りとかいうものが何よりも優先される図とかを描くべきだろうと。サラリーマンや零細企業の経営者さんとかの下げたくもない頭下げてまで頑張る図は礼賛することしてるのに。海猿とはえらい違いだ。

もうひとつの繋がり芽衣子と堂島(唐沢さん)の図。なるほどなと。一応裁判の際に受けてた仕打ち忘るるものぞという怨念で芽衣子が標的対象者を記憶してたという解釈をしていたけど、身辺調査や下準備の手助けは堂島の手によるものとすればこれだけ一気にそれぞれの標的に対してほぼ同時に鉄槌を喰らわせたというのもより納得するものではあるな。

この回は話しが進んでいるようで進んでないようにも思え進んでないようでも進んでるようにも思え。どっちなんでしょね。真島(玉木さん)が芽衣子に最早ばれてる隠し事を抱えているから閉塞感が生まれるんだろうか。

もっと復讐の果てになにがあるのかが気にならないとおかしいのに不思議とそう思えてこないのは野上芽衣子に未来はないだろうなという気持ちが湧くからなんだろうな。この時点でハッピーエンドに向かう要素はなにもなく映るから。

それでも最後まで観ますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*やろを

「やろを」=「だろう」。あまり遠州では使わないが使い手はいる。

「せや」・「せやろう」とかの「やろ」・「やろう」だとより関西風になるが「そうだ」という意味合いでの「せ」という使い方は遠州ではしないので微妙に関西とは異なる感じがする。

「やろを」とすると多分に東海地方っぽくなる気がするのは気のせいか。この場合の「を」は「wo」ではなく「ou」が近い。遠州ではイントネーションはほぼ「野郎」と同じか(意味は当然違うけど)。語尾が上がると名古屋っぽく聞こえ東海でくくったとしてもイントネーションは異なるものである。

「や」を抜いての「ろを」という言い方も存在するな。まあこれは広い地域での言い回しだから遠州弁っぽいという訳ではないが。

「や」の代わりに「ら」を用いて「らろ」・「らろを」という言い方になると遠州弁っぽい感じが増す。ただしこれがどこの言葉なのかは定かではない。ネットで検索してもヒットしてこないのでもしかしたら遠州弁と呼べるのかもしれないが頻繁かつ大勢が使う表現ではないのでそれはないだろうと思う。

「そうせるやろ」

「そうせるやろを」

「そうせるろを」

「そうせるらろ」

どれも「そうするだろ」という同じ事言っているのであろうが、確実なモロ遠州弁となると

「そうせるら」

「そうせるだら」

とかやろを。

遠州弁における「やろを」の使い方は「ら」・「だら」という予測よりも確信度合いが増した言い方という感じになる。ニュアンス的には

「そうせるら」(そうするだろ)

「そうせるだら」(そうするんだろ)

「そうせるやろを」(そうするんだろう)

といった感じか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フリーター、家を買う。 その5

 オヤジとの和解の回。とまではいかずとも理解に多少なりとも近づいた。それとも許容か。

なんて思ったら最後にあれま。

一筋縄では行かないオヤジさん(竹中さん)だこと。

周りの人間にも色々さざ波が立ち騒ぐらむ。誠治(二宮さん)の前回の吐露が引き金になっているのかな。

みんな本気で腹を割って付き合うようになったかのように映った回でもありましたな。

姉貴(井川さん)もちくりと隣のばば様に一泡吹かせて思わず「うまいっ!」って感じだし姑にででんと物申したし、この回は途中まで穏やかに進むのかなと思えたけど結構転機を迎えていたのかも。

ドラマは中盤を迎えているけれど、家を買うに至るにはまだ道遠しという印象でありますが果たしてどこを落としどころにするんでしょうね。皆目見当がつきませんですこと。

自分が何を観たいのかと巡らせば、母親(浅野さん)の治癒・誠治の就職・家族の和辺りでしょうか。千葉(香理奈さん)との関係性のその後はおまけでもいいかな。哲平(丸山さん)の恋の行方も気にはなるか。家はもうどっちでもいいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

三代目明智小五郎 最終話

 最終回は大いなる謎だ。

どこが面白いのかさっぱり読み取れない。

これが解けない限り名探偵にはなれないのであろうか。

子供は大人になれないけど大人はいつでも子供になれる。

そうならないように日々生きてるけど歳を取るとボケという名の幼児化が止められなくて辟易するのではなかろうか。大人の子供化は始末に負えぬとさ。

つまらん奴だとお思いでしょうが、てなわけで賛同できぬまま終わってしまいましたな。

何故9話で締めとならなかったんだろう。ホント謎だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おじいちゃんは25歳 その1

 確かに昭和が蘇ったと思わせるところが凄い。現在とは異なるであろう物の道理とか理屈が確かにそうだったと思い起こすことができればこれは楽しいかも。

奇跡のお値段500万という顛末が何故必要なんだろ。今後これが糸引くじゃないや後引くのかな。

ホイチョイプロダクションが関わってるんですね。バブルへGO以来かしらむ。

面白そう。なんとはなしに今後おじいちゃんが何するのか予想は出来るけど要は如何に気風よく捌くのかが見所なんだろうかな。

強い父権の復古。引きこもりの対処。乱れた大和撫子への矯正。とかを処理して家族とはどうあるべきかを問うのかな。

それにしても手っ取り早く昭和を引っ張り出すのにこういう手を使うとは。発想の勝利ではあるかな。以前はタイムマシーンだったものな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

*かん 

例えば「そうしんとかん」は(そうしないと駄目)と

大抵「かん」を「駄目」と私は訳しているが

説明する上に於いては「いけない」→「いかん」→「かん」といった

「いかん」(いけない)の「い」抜きが「かん」であるとするのが一般的には分かりがいいのは確かであろうしこれでいいのであろう。

しかしながら遠州弁において「いかん」のニュアンスは「かん」とはどうも異なる気がして「かん」は「いかん」の略形と表記するのに躊躇してしまう。考えがまとまらずうまく表現できないがなんか違うような気がしてくるのである。

以下は裏付けの一切ない私見でありますが。

その理由を考えるに遠州弁には「いけない」という意味では「いかん」と「いけん」があって「かん」は「いけん」の方に属する言葉に思えるからである。「いけん」自体は殆ど遠州では廃れて「かん」が取って代わっているとも考えられる。

「にっちもさっちもいかん」を「にっちもさっちもいけん」とは言わない。「いけず」を「いかず」とも言わない。

そういう違いが「いかん」と「かん」にも有るように思える。つまり意味はほぼ変わらない筈なのに共に入れ替え置き換えをするとざらつきを感じる関係の言葉だという事。

辞書には

「いかん」 「いけない」のぞんざいな言い方。よくない。だめだ。とある。

辞書にある「いかん」が遠州弁で使われている「いかん」と同じものであるとしたら、「いかん」に「駄目だ」という意味があるのだから「かん」=「駄目」でも「かん」=「いかん」でも同じではないかというのを打ち消すべき根拠はないのだが。

しかしながら遠州弁的な(個人的判断なものですが)言葉の印象としては「いかん」は辞書の意とは使い方が幾分異なる気がする。

「いかん」はするな・認めないといった「制約」というものであるものと「はあいかん」(もういけない)というような万策尽きた・万事休すみたいな勢いを有しているものとがある。

「かん」だと失敗・うまくいかないといったという「駄目」もしくは「制止(忠告)」というものと「はあかん」(もうダメ)といった耐えられない・我慢の限界みたいな勢いを有するものに聞こえるものとがある。よくは知らないが関西方面の「いかん」と「あかん」の違いみたいなものであろうか。

「そんなんだでいかんだ」(そんなだからいけないんだ)

「そんなんだでかんだ」(そんなだから駄目なんだ)

「いかん」を使うと否定が第一に聞こえ「かん」を使うと手段の変更を促してるように聞こえる。例えば将棋を指していて

「その手はいかんだにい」(その手は禁じ手だから駄目だよ)

「その手はかんだにい」(その手は拙いだろうから駄目だよ)

「いかんだ」を使うとやる行為そのものを制止する勢いであり「かんだ」を使うとやる事自体は可だがやり方が変だもしくはそれだとやった結果がよろしくないよという勢いに感じるところである。なので(あくまで傾向であるが)

「やっちゃいかんだにい」と言われて不服だと「誰んゆったよをそんな事」(誰がそんな事決めたんだ?)と反論する形になり

「やっちゃかんだにい」だと「構わすけえとんじゃかねえわ」(どう言われようが気にしない)と無視するとかいう流れになる事が多い。

この場合「いかん」は決まり事であり「かん」は発言者の判断意見という違うが感じられるところである。

ということで「いかん」と「かん」がイコールにならない風に感じられるのである。そして「いけん」なら「かん」に置き換えても違和感がない。

流れでいうと

共通語的には「いかん」→「いかない」→「いけない」であろうが

遠州弁的には「かん」→「いけん」→「いけない」もしくは「かん」→「あかん」→「いかん」かと(まああくまで個人的な勝手な想像ですけど)。同じ「いけない」でもニュアンスが違うということでもあろうか。

とにかく、こうした感覚から使い分けがあって「いけん」=「かん」の方が無理がないように思え「いかん」=「かん」という考えに至らないところ。

いつにもまして非常にまとまりのない散漫な文章ではあるが以上の理由から遠州弁のルールとして「いかん」と「かん」は異なるニュアンスの言葉となってるような気がしてくるのである。

もちろん遠州人であろうとも共通語使ってるという意識であればこの限りではないというのがややこしくしてるのであるが。

蛇足だが、ちなみに「かん」ではなく「かんだ」で駄目だ・駄目なのだというニュアンスになるものであり、断定の度合いでいくと「かん」の方が「かんだ」より強くなる勢いが湧く。

「その手はかんにい」(その手は拙いから駄目だよ)

みたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

流れ星 その5

 おお!予想外な血縁関係。というか家族環境。

だからこそ「努力」という言葉が必要なのか。家族でいる為に努力と決意が必要というのは普通の家庭においては希薄な要素なだけにあまり思い当たる節はないな。

でも存外お母さん(原田さん)が素直に梨沙(上戸さん)を受け入れた(受け入れようとしてる)というのはこれが二度目の体験だからかと少し納得。

それぞれが少し遠慮がちかなと思えたのもなるほどと。いや、遠慮じゃなくて配慮というべきか。

それにしてもこの回は綺麗な回だったな。瞬きしない兄貴(稲垣さん)が登場したシーンですら朝のベッドの華美耽美な様で絵になってた。

丘が綺麗。雲が横に見えるくらいだから結構な標高なのかな。あそこで珈琲沸かして飲んだらさぞかし旨かろう。

なによりオレンジ色の海ってフレーズに惹かれたな。それがどんな景色なのか期待してしまいましたよ。海じゃなくって湖と書いての「うみ」だったんですねえ。家族の絆をより強固に再構築する為の修羅場の中に映える景色でありましたが家のテレビのせいなのか

「だいだい色」に見えました。それともそれは岡田家の涙の分だけ濁ったせいのかな。

個人的に今日は凶とてどよよんとした気分になっていて。これ観てさらにどよよんに追い打ちかけることになりはしないかと観るに忍びない勢いだったんですけど、観終わったらあにはからんやちょっと頑張らなきゃという気分になりました。

何に呼応して少し元気を貰えたのかよく分かっていないんですけどとにかく観てよかった。ってこれも予想外。

展開も予想外なら余韻も予想外でありました。予想内なのは瞬きしない兄貴の執拗さ。

予想といえば知人連とこのドラマの話しになって梨沙は結局臓器提供しないんじゃないか?と予測してて、自分は臓器提供は確定してるものという意識だったのでコロンブスの卵状態でした。なるほど、じゃあどうやって決着見るんだと問うたらそれだったら兄貴(瞬きしない方の)のでいいんじゃないの?という意見も出て。そりゃ無茶な話しだなあとは思いましたが。ん~どうでしょうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

霊能力者 小田霧響子の嘘 その6

 この回は谷原さんの弾け具合が悦だったな。階段駆けあがらんとする際の足のよれよれ感はある種の職人技か?とすら思えてしまいました。膝が嗤うとはこういうものかというお手本みたいなよれよれ具合でありましたなあ。警察内における超渋い様とのギャップもそろそろ馴れてきたとこだしその振り幅のギャップが愉しい。

で、話し変えてオダキョーのセーラー服。何故か微妙。コスプレ(変身を楽しむ)と読むか歳サバ読みと読むか。

「女優」の条件として年齢を超越した存在感という見事なる年齢サバ読みというものあるのだとしたらそれへの挑戦と読む方が意味があるか。

まあ「セーラー服」は聖域に近い特異な世界だろうから無謀な挑戦と思えなくもないとこだし、女性の10代はかくも特別なんだという事を改めて実感したということでもあろうな。ブレザー辺りでお茶濁すくらいでもよかったんじゃないのかとふと思ってしまいました。まあ人それぞれだろうけど。でもなんざんしょ薫(大島さん)にしてみてもやはり微妙に違和感を感じるところでありまして説明できないなにかが違うんでしょうね。「セーラー服」を着ると見えてくるなにかが。

いづれにしてもオダキョーの濃い目の化粧顔も山ガール?の素に近づけたお顔も見事使い分けておられるところだけれど聖域にまでは踏み込む事は相成らぬようでありました。

他の変身としては、就活衣装と怯え具合は愉快ではありましたが声が詰まるのはともかくとして口ごもる事で緊張観を表するのはリアルからの写生としてスケッチ力がある事だというのは分かりますが現実にそういった事で悩んでる人からしてみれば嬉しくないものであり、ましてやコメディの場合には茶化されてる風にも解釈されかねずとても嗤えない訳でありまして。

コメディらしい表現方法を開拓して欲しいなと思ってしまいました。具体的なアイデアは思い浮かびませんが、たとえば声が裏返るとかとんでもない言い間違いをしてしまうとか・・・。まあどれをとっても笑いに昇華させるのは難しい限りでありましょうが。

とにかくオダキョーが板についてきたという感じがしてきたので軸がある分色んな変身してもついてけるようにはなってきた。

薫と響子の温かい間柄というのもフューチャーされていてほろりとくる流れではありました。事件?に関しては階段の時点で解けたので他の事ばかり気にして観てたらかく感想と相成りました。

ところでいつになったら警察に協力するんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パーフェクト・リポート その無

 え~、先週の前回が前の番組の放送時間延長により23時台にずれ込んで他局のドラマと重複した為熟慮の結果観るを諦めまして。観てない回が発生したので感想書く資格が消滅したということで、一応リタイアを宣言するところであります。

もちろん面白いドラマなので今週も観て楽しめたのでありまして。視聴を放棄するにはあまりにももったいないから最終話まで見続けますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*しいらんよを

「知らないよ」ということであるが、私には係わり合いがないというニュアンスが強い言い回しである。厳密にはこういう訳とはならないが「何言ってるんだ」という感じでもあろう。

したがって「しらんよを」とは意味合いが若干異なるものである。「しらんよを」は否定としてのニュアンスが強い。

「しいらんよを」を強くしたのが「しいらんやあ」突き放してる度合いが強まる。

自分じゃないとか自分を巻き込むなといった第三者的要素が濃い。

大雑把なニュアンスからみて共通語に直すと

「しらんよを」が「知らないからね」

「しいらんよを」が「何言ってるんだ」

「しいらんやあ」は「しったこっちゃない」・「さあねえ」

とかになるであろうか。あくまでニュアンスであって正しい訳ではない。

例文

「誰よ。ここんさあワックスかけてかわかいてただにその上踏んづけてったのわあ。跡んついちゃってるじゃん。あんたけえ。」

「しいらんよを今帰ってきたばっかだに。」

「あんたじゃなきゃなによを泥棒でも入っただか。貧乏人狙って何愉しいだかいやあ。」

「しいらんやあ。泥棒なら警察電話しない。」

「にしちゃあ盗られたなあ見た感じないみたいだけど。じゃあなんだいねえ。」

「どうせ自分ボケこいたじゃない?ドア近くからかけ始めて部屋出る時拭いた上歩いて出たの気づかなんだとか。」

「ああそうかあ。」

「やっぱそうかや。だと思った。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

獣医ドリトル その4

 他局とドラマが被ってて、しかもほろりと人情に訴えるええ話しを謳ってる。片や記者魂でこなた獣医魂というスピリッツを持って。

しかも片や野球でこなた排球で放送時間がずれるずれるで見づらいとこまで競合している次第。

朝の情報番組と同じでドラマも習慣性が重要だと思うのに。

ま、そんな愚痴はこれくらいにしておいて今回。

名もなき名犬に死亡フラグ立ちまくりで切ないお話しではありましたが、あれだけドリトルが懸命になっていて、助かれと願いながら観るべきであろうに助手のあすかが手術中からすでに涙目という様でこりゃ助からないんだなと一縷の望みを託す事無く観てしまった自分のあざとさがちょっと無念。

それを差し引いたら泣ける話しでありましたなあ。後悔はどうやって晴らせばいいんだろという疑問に対してドラマの応えは「次」。今生きてるものに後悔した分の愛情を注ぐ事が肝要という事か。順繰りという事なんだろうな。ギブ&テイクではなく自分が受けたものを次代に注ぐ。注がれたものは注いでくれたものに対して受けた分を返すのではなく次の次代に注ぐ。この繰り返しということなのかな。

だとしたら仕事仕事という理由で子は親に十分注がれないまま大人になってしまったら、今度我が子ができても与える一方で損という気持ちになって馬鹿らしく思えてくるのかもしれないよな。見返りを求めない無償の愛情は蓄積によって生まれるもので瞬時に発生するものじゃないというのは一理ではあるよな。

もちろん自分が注がれなかったからこそ自分は子供に注ぐんだという想いに至る人もたくさんおられるでしょうからあくまでひとつの理でありましょうが。

分かり易くかつ深く思わせる描き方が面白くなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Q10 その4(第5話まで)

 これはもしかしたらいいドラマなのかもしれない。

しかしながら如何せん私は歳月を経過ぎていて彼らの多感なる感受性に反応出来ておらず傍観者という立場でしか観れていないのでそのよさというものが肌に伝わってこない。答えは自分の心の中にあるとでも言ってるようなのだがそもそもの何を問うているのか身に染みてこないから答えようがないという状態であろうか。このドラマは共感してナンボのドラマだと思うから野次馬(傍観者)目線での視聴は的外れだろうな。

それでもなんかこれが私が登場人物と同世代に近かったならば共鳴する部分が多く感じられたであろうという気がしてきてならない。あの頃に戻りたいなんて気持ちはさらさらないがふと忘れ物というか置いてきた物(感覚)があったんだというのを確認した気分。

役者さんへの興味という事では、かつをが出るからチェックという気で見始め福田さんが途中から出てきて見続けという邪な興味本位からの視聴だったけど佐藤さんががんこいいよなあ。私みたいな感性の鈍くなった人間でもその感情の機微が伝わってくるもの。

背景的にはロボットが居るということで当初その奇抜さからはちゃめちゃなコメディなのかと想像してたけどあにはからんやで随分と真面目だよなあと思うと共に、誰(何)の意思でロボットが此処に存在してるかの謎が気になるところ。

そういえば謳い文句が「高校生とロボットの恋愛を描く学園ドラマ」であったけど、いい意味で謳い文句とは違う印象を受ける。こういう展開になるのならラブコメディかと思わせたのは正しい選択ではなかったような気がする。もっとも後半部からそういう方向に突き進む可能性もあるので間違いだと言い切る事は出来ないが。でももしそういう方向に進むのであればなんだかなあな印象を受けるだろうかな。

なんか訳分からんけどいいドラマのような気がしてきた。でもまじまじと観れないという不思議なドラマでもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

しょんないTV

 およそバラエティ観馴れしてないので楽しむツボというのが掴めない私ですが

そんな私でも深夜にやってる・地方色があるという点で地域ネタからインスピレーションが湧いてブログネタへと出来るものがあればいいかなと思って見ると決意した次第でありますが。なかなかによいしょにこだわらないピエール瀧さんのスタイルが心地いいなあ。目の付け処に意外性を感じるのはさすがアーティストという事なのか。詰まんないものを腕で盛り上げるという過美なプロの技よりもたとえ当たり外れの波があったとしてもそれはしょんない事として素直な反応って方がゆるくかつライブ感があっていいよなあ。

初回伊豆・二回目駿河(焼津)と来たので次回辺りは遠州か?と期待してるんですがどうでしょうかねえ。個人的に期待するのはやはり方言を引き出して欲しいよなあと願うところ。

ちなみに駿河と遠州で言葉のニュアンスが同じかどうかは知らないのですがタイトルにもある「しょんない」。

「しょんない」と「しょんねえ」じゃえらい違いでありまして。これに「しょ~もねえ」・「しょ~もなっ」・「ばっかじゃん」とかが加わるともうそれぞれのニュアンスの違いを何をどう説明していいのか分からなくなりますな。はてさてこの番組を観てどの言葉が飛び交うことやら。今までの中では深海魚のくだりが一番しょんなかったなあ。服の色が被ってしまったのも結構しょんなかったというか笑えた。

で、話し変わるんですが、なんかあさひテレビの広瀬麻知子アナウンサーさんって笑い顔が志田○来さんに似てるよなあと思わずにおれませんな。笑っていなければそう似てるという風でもないのに。でもまあ私あんまり「志○未来」出演作品って「正義の味方」と「わたしたちの教科書」くらいしか観た記憶がないので確信を持って似てる!と強い事言えないのでありますが。

ということで私の知り合いで「○田未来」出演作品は問答無用で観るという人がいるので今度その人に番組見なよと誘って私の感覚が変かどうかチェックして貰おうかなと。

でもまあなんざんしょ、素人ならいざ知らずアナウンサーさんが役者さんに似てるって事になってもなんの得にもならないというかむしろ迷惑な話しではありましょうかな。でも気になるんだもんでしょんないら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

もやしもん その11

 最後まで面白そうなドラマだったな。

つまり詰まらなくは決してないけど期待の大きさ程には面白みを欠いたと言える。

原作はマンガらしいが自分はマンガ読んでいないのであくまでドラマの話しでありますがと前置きした上での感想です。努々(ゆめゆめ)批判こいている訳ではありませぬ。謳歌がありそなだけに口惜しやとはこいてますが。

ユニークなキャラクター設定の妙や大学という自由奔放で羨ましいと思わせる環境。主人公の持つ特殊能力とそれを画として提示して魅せる作り手の腕。

これだけいい要素が揃っているのになんでだ?

流れを俯瞰すると別に主人公に特殊能力がなくとも済んでしまう展開だからか。要はこの異常な連中の仲間に加わる為の資格として必要であったのだろうけど、それは別に実直勤勉でもよかったんじゃないのかと思えてくるくらい使い道がなかった風に映ったからであろうか。

話しを時間内では収まりきらない程の量を詰め込み過ぎて逆に結果端折り過ぎでスカスカっぽく感じられたからか。一話一時間だったら大分印象変わっただろうかな?でもそれだと映像処理が半端なくなって作り手に対する無謀な要求か。これじゃクレーマーの意見になっちゃうか。

なんかもったいないようなドラマを観たって印象が無きにしも非ずして。

でもヴァージョンアップしてⅡがもし始まったらまた期待を抱いて観るだろうな。ある意味これからなにかが始まってもおかしくない(きちんと全員集合が為せた)最終回だったから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*ひっぽかす

「ひっぽらかす」という言い方もする。

ニュアンスを説明するのが難しい言葉である。

「ぽ」は「放」であり、それに「ひっ」と「かす」というぞんざい表現が二重にくっついてるものであり、超雑な「放す」行為といった感じであろうか。「ほっぽかす」より度合いが強くなる。

他の「うっちゃらかす」・「ほうらかす」等と較べてもこれらの上を行くあれまあな放す行いということであろう。ただし順位というか比較することは難しい。

そもそもどういう状態を「ひっぽかす」というのかというのも説明が難しいところである。感情的に「むっ」ときていて反抗的な態度という趣もあるにははあるが、どちらかといえば感情とは関わりなくそもそもが雑な性格によってぞんざいな態度という場合で使われている事の方が多いように思われる。

設定、子供が学校から帰ってくるやいなや鞄を放って遊びに行っちゃうという状況で違いを考えると

「かばんうっちゃらかいちゃ駄目じゃん」

捨ててくようなという勢いでまるでもう用済みかのように映る様に対してものを邪険に扱うなと言っている。

「かばんほうらかいちゃ駄目じゃん」

放るものではない。つまりものを大事にしろと言っていると共に壊れたらどうするんだと丁寧な扱いをしなさいと諌めている。

「かばんひっぽかいちゃ駄目じゃん」

かばんをなんだと思ってるんだ。壊すつもりなのかくらいの勢いの感じで壊したらタダじゃ済まないぞと叱っている。

いずれも感情的に物(鞄)に当たってる訳ではないところであるが、物に当たるんじゃないみたいな言い方をする場合には

「かばん投げつけちゃかん」・「かばんに当たるじゃないにい」辺りとなろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ストロベリーナイト

長丁場のドラマなんで見直ししんと感想書いてますけど

激動感に溢れてたドラマでしたなあ。地道な暗中模索状態から真相に辿り着く辺りの疾走感へと変貌してくテンポのメリハリがあってあっという間の約2時間でありました。

武田さんが濃い濃い。真実来い来いと請う想いが灰汁となってどろどろしてたなあ。

故意か乞いかは定かにあらねど執念が凄まじかったなあ。どっちが悪党なのか分からなくなってしまいましたです。平常ならそんな感じというのがよく滲んでましたなあ。

これがすわ一大事となると光る光る。光って導く。乱世にこそ生きる一刻者なんでせうね。

それにしても豪華な顔ぶれ。犯人は意外。見応えがありました。

でも警察内に落としどころありというのは日頃好きくないと言っているのでその点はなんだかなあ。

殺人ショーなんてえぐいネタだけに途中ゲロい気分になってましたが、最後はそれでもなんか解放感を味わえましたなあ。

竹内さんっておっとりが印象深いところですが緊迫や逼迫もいける口だったんですねえ。

めざましテレビでのこのドラマの番宣インタビューで西島さんが「皆さん個性的な役を演じてられるのを見て自分もあくの強い役を演じてみたいと強く思った」とおっしゃっていたけど確かにそうだよなあと観て納得しました。

右を向いても左を向いても「個性」の塊だったものなあ。

ほぼ人が闊歩する汗を感じさせる展開で昭和の匂いが感じられもした人情劇ともいえそうな勢いというのもよかったな。なんか現代の歪を昭和が断じるみたいな感じで。人を助けるのも人間人を不幸に陥れるのも人間って桐谷さんがインタビューで言っておられてたけど確かにそうだよなあと納得しましたその2。

いづれにせよ生きていく上での「救いの道」は険しいことだけは確かだよなあと思いました。頑張るしかないというのは確かに正しいけど。しんどい限りにうつりにけりな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年11月7日 - 2010年11月13日 | トップページ | 2010年11月21日 - 2010年11月27日 »