« 2010年7月11日 - 2010年7月17日 | トップページ | 2010年7月25日 - 2010年7月31日 »

*「じゃん・だら・りん」は三河でしょう

「遠州弁」で検索するとたまあに「我が地元はじゃんだらりんでお馴染みの遠州弁・・・」とかいうフレーズにヒットする。

「じゃんだらりん」は三河だろうとツッコんでしまいたくなる衝動に駆られるか、ああこの人湖西の人なんだろうかなと憶測したりする。

しかし「じゃん」も「だら」も使うわけだし「りん」は使わないにしても「りい」なら使わないこともなく。全く否定に走るというのも了見が狭いとも思える。遠州弁と一口に言っても掛川以東と浜松では相当に違いがあり、三河と遠州という括りでの比較と大して違わないものもある。

でもやっぱ「じゃんだらりん」は三河弁の代名詞だろう。いくら遠州弁と三河弁は似ていると言っても同じじゃないんだし三河の側からしてみればそんなとこまで遠州弁は三河の真似をするのか?と言われかねないよな。

なにしろ元祖は「三河」じゃなかろうかという風説もある「遠州弁」なだけにキャッチフレーズまで似せるのは自粛すべきところだろう。

ところで別の記事にも書いたけど「じゃん」。「じゃん」は相模の言葉として世間一般では通っている。遠州でも使うしおそらくは駿河でも使っているであろう。遠州としては三河から来た言葉なのか相模から駿河経由で来た言葉なのかどっちなんでしょうね。

少なくとも遠州発祥とは思えない。なぜなら遠州は昔は「づら」・「つら」が主流であり、「じゃん」と「づら」は共存できない使いどころがかち合う言葉であるから。それと「じゃん」を使うようになって「づら。つら」が衰退したとも考えられなくもないところであり「じゃん」は遠州にとっては外来方言であったのだろうと。

それと同じことが「だら」にも言えるような気もする。もしそうだとすると「づら」が「だら」に変化したという話しではないということになる。

こうして考えると「じゃん」と「だら」がほぼ同じ時期に入ってきて遠州弁が変わったと勘繰れなくもないところである。ということは相模から「じゃん」だけが入り三河からは「だら」が入ってきたと考えるよりも三河から「じゃん」と「だら」が同時期に入ってきたと考える方がスムーズに思える。

つまり「じゃん」は遠州人の立場から考えてくと三河が発祥の地と考えた方がスッキリするのだがどうなんでしょうね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

うぬぼれ刑事 その3

 さすがに歳の差を壁を乗り越えての図というのにはうぬぼれ5の連中と同じ感覚でありましてうぬぼれ(長瀬さん)の暴走具合にはちと引いてしまいました。

でも、好きになった人が犯罪者・犯罪者を好きになってしまう・好きになってしまう人が犯罪を犯してしまう等色々言い方のパターン替えて言葉遊びされてましたが犯罪者が放つオーラとかいうものに反応する体質になっているということは分かりました。

類は友を呼ぶということで心に重たい物を持つ者同士が引き付けあうなにかがあるという事なんでしょうかね。別な目線だと、逃げられたという傷心と逃げているという鬼ごっこ中の心が同じなのかというツッコミはありますが、逃げられたけど今もって別の出逢い(人)を追っかけてる鬼と逃げてる人という構図は成立する訳で大人の鬼ごっこを観てるという勘繰りも成り立つか。まさかね。

でもとにもかくにもそれは決して恋心ではない。だから相手の女性は必ず逮捕の道を選択する。うぬぼれがそれに気づく時が果たして訪れるのでしょうか。ってなんででしょうかねえこの必中のフラれ具合は。

絶対ありえない事だろうけど里恵(中島さん)とよりが戻りでもしたらこの能力は消えるんかな。

犯人は誰だというものではなくどうやって犯人を追いつめていくのかが悦という転ンボ形式のドラマでありますれば今回の推理の的中率は50%というのは新鮮な展開具合ではありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*っぱあ

「~しっぱなし」という事であるが「~しっぱなしにする奴」という意味を持つ。共通語では「っぱ」であろうが遠州弁の特徴として語尾を伸ばすというのがあり「っぱあ」となる。

「だしっぱあ」(出しっぱなしにする奴)

「おきっぱあ」(置きっぱなしにする奴)

「ぬぎっぱあ」(脱ぎっぱなしな奴)

「やりっぱあ」(やりっぱなしな奴)

意図したことではなく副産物であろうが「ぱあ」とすると「パー」とも聞こえ決して褒めていないという事も伝わるところである。

「使い走り」を「つかいっぱ」というが「ぱなし」という意ではなく「ぱしり」の略なので「ぱあ」と言ったとしても上記の意味を表す訳ではない。

無いついでに言えば「ストリッパー」・「スナイパー」も当然上記の意味を表すものではない。

例文

「なんだよこの散らかりようは。」

「説明する?」

「してみい。」

「家帰ってまず靴脱ぎっぱあでしょ。ふんでくついたとか服とか脱ぎっぱあで置きっぱあの出しっぱあで。食べたもん片しなしでテレビ点けっぱあでゲームやりっぱあでマンガとかも読みっぱあでそのまま寝えってこうなっただあ。」

「誰があ。」

「きんのうべろんべろんで帰ってきたあんた。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

GOLD その3

 言わずもがなの事をあえて発して軋轢を生む。そうなると後でどうなるのかは経験値さえあれば知っている筈なのにあえて言う。

感情のままに言ってしまう事と分かった上で言うのとでは大違いであるところであるが。丈治(反町さん)のそれは前者で言わなきゃ気が収まらなったんだろうかな。で、悠里(天海さん)のそれは後者なんだろうな多分。

だから丈治はその後のケアに苦心してる訳で心情的にしんどいんだろうなと思って観てました。悠里のそれはあえて発した後者の方だろうけどそれは奮起を促すというこのままではいけないという変化を相手に求める(要求)意図があったんだろうな。

相手に恵まれているのか発したことにより見事相手は奮起した訳だけど、現実は零れ落ちる人の方が多いような気がする。つまり変化を好まないということ。それは見方を変えれば何事も穏便にという安定を求める人には受け入れにくいことであろうか。

つまり和を乱す困らせる人だという意識が湧いてしまうということ。敵とまではいかないが付き合いづらい人と思われる事になりかねない副作用の危険がある強力なカンフル剤なんだろうな。

諸刃の刃なんだろうな言わなくてもいいだろうことをあえて口に出すという事の効果は。

ま、弱肉強食論という穿った捉え方も出来なくもないお話しで、男女の間に友情は存在するのかというテーマには思えないところでありました。

好きとか嫌いとかじゃなくて才を見出しそれに精進せえやというところは好きこそものの上手なれというのは稀であって大抵は仕事と言うものは好き嫌いとは関係のないところで転がっているという実際の仕事にも通じるところであり共感できますが。

にやけた笑いのひっつき虫が娘にたかってしまった。それが元はと言えばの丈治の言わずもがなによるもので喜ばしき事とは逆の方に転がってしまったところで次週に続くとなったけど、つまりはまだこの一件は決着をみていないということなんでしょうね。感情のままに素直に進むという事がいい方向に進むことはないという事で、言いたいことを呑みこむ辛抱が大切とかをいっているんでしょうかね。

言わなきゃ損だという風潮を否定してるというのなら賛同したいところではありますが。多分違うでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*ほれ

「ほい」は基本女性言葉であるが「ほれ」は男女共用である。

「ほれ」の使い方例で「そら・それ」という使い方においては

「ほれみい」・「ほれみっせー」・「ほれみよやあ」

といった「見る」という言葉に掛かる事が多い。意味としては「そらみたことか」というニュアンスの強弱の違うパターン。

「ほれしろ」・「ほれやれ」・「ほれ言え」

とかはあまり使わない。ただし「ほれゆいい」(ほれ言いなさい)みたいな関西風な場合には使われることがある。

「ほれどうよ」(そらどうだ)については男の場合「ほれみよやあ」・「ほれみっせえ」などという言い回しを普通は使うので主には女性が使う表現であろうか。

「そら・それ」という使い方でなく「おい・ねえ」という場合には上記のような縛りはなくなんにでもくっついて使われたりする。ただし女性及びじいさまが使うものでじいさまの域に達していない男はあまり使うものではない。男は「やあ」・「やい」を主力として使う。

例文

「ほれ、早くしな。でんと置いてくにい。」

  (ちょっとを、早くしなさい。でないと置いてくよ。)

「待ってやあ。別にそんな急がんでもいいじゃん。そんな焦らして忘れもんしたらどうするよを。」

  (待ってよ。別にそんな急ぐ必要ないでしょう。そんなに焦らせて忘れ物とかしたどうしてくれるの。)

「前もって準備しとかんもんでじゃん。はあ行くにい。」

  (前もって準備しとかないから慌てるんだろ?もう行くよ。)

で、散々ぐちぐちいわれながらも準備が整い出発してから暫くして

「やいやい忘れものしちゃってえ。戻るにい。」

  (やれやれ忘れ物しちゃったよ。一旦戻るぞ。)

「なによをそれ。自分焦らしといてそれはないらあ。」

  (何それ?人には急がせといてそれはないでしょう。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ホタルノヒカリ2 その3

 先週は節約。んで、今週は我慢。ころころ展開が転んでく割にはなにも変わらないというホタル(綾瀬さん)に笑えるなあ。オチにしてもあそこまで周りを心配させといてそれかいというのはぶちょお(藤木さん)でなくとも「アホ宮」と言いたくなりますな。ま、そこが愛らしいとこなんでしょうけど。こういう思い込みとか勘違いによるひと騒動というのはあまり笑えないことが多いんですけど今回のああ勘違いには素直に笑えたな。まあ、一念発起した我慢のしどころが間違ってるからと言ってしまえばそれまでですが。

でも結構なテーマでもありましたな。お互いの歩み寄る努力の様はふざけてるとしか思えない感じなのに、我慢と辛抱ってどう違うんだろうと思えて来たし、同じ我慢するならホタルのように絶つという後ろ向きなものよりぶちょおのように前向きに我慢するための努力をする方がいいよなあと思えてくる。もちろん美しく思えるくらいですから私には出来ない芸当ではありますが。

山田姉さん(板谷さん)のさりげない訓示もそんな事言ってくれる人が周りにいるなんてなんて羨ましい環境なんだと思えるし。とにかく見守られてる感が心地いいな。友情を背に紆余曲折しながらも成長してくというよくある構図ではないところは見慣れてなくて新鮮でもあるところです。

アットホームというかアットファミリーなドラマと言えるのかしらん。温もりがあって安心して観れますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

逃亡弁護士 その1(第3話)

 第3話にして面白いなと感じてきた。もちろんこの回の逆ストーカーのどんどん話がややこしくなって追い詰められていく被害者(木村さん)の苦悩と不気味ですらある追い込む側の加害者(相武さん)との葛藤の様が面白かったというのが第一の理由ではありますが。

よく出来た展開だったなあ。可愛さ余って憎さ百倍の伝言板ゲームみたいに膨れて転がり落ちてく様は。これがリアルだったら悲惨この上ない絶望を抱きますわなあ。

警察は味方にはなってくれないというのが現実だと謳っているんでしょうかね。正義を履行できるのは弁護士であると。本当最近こういう趣向のドラマが多い気がするのは気のせいか。推理ドラマで犯人は警察官というのが。ま、そこまで露骨ではこのドラマはないでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

鰯の頭も信心から

あくまで言葉遊びです。冗句です。

*「鰯の頭も信じんから」

意味

何事にも信じようという気持ちがないからそういうはめになるんだぞという苦言。

*「癒しの合間も新人から」

意味

忙しさのピークも過ぎてほっとしてたのにそのほっと感が新人のミスやらでぶち壊しという図。人を育てるのに気を抜いてはならないという教え。

*「愛しの貴方も信じんから」

意味

貴方の事を愛しているけれど全てを委ねる訳じゃないという小悪魔の信念。

*「鰯の頭は新人から」

身(実)のある部分は先輩が、新入りは頭や尻尾をという手柄配分における上下関係を喩えた様。

本当の「鰯の頭も信心から」とは

物の見方が違えば鰯の頭のようなものにでも尊いものに見えてしまうもの。こうはなるなよという教えのような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

天使のわけまえ その3

 料理教室をより盛大にという誘いに対し「儲けるってそんな事・・・・・」。

口ごもった続きの言葉が気になるところでありますな。分不相応(資格を有していない)という事なのか料理を作る心は商売心じゃないという事なのか。それともこれ以外の理由によるものか。

結局その誘いに乗ることと決意した次第で。で、その理由はじいちゃん(大滝さん)の「人様のお役に立つのならやってみれば良い。」という言葉に押されてやる気になったという側面もあった訳で。

つまりつらつら想像するに料理を商売とする意識を持ったということではなく作ることによって人の喜ぶ姿を見ることができる(お手伝いできる)という本質(快感)は変わる訳ではないと気付いたということか。

でもやっぱ調理師免許とかいらないのかなとつい思ってしまいますわいな。どうなんでしょうねそこんとこは。

それにしても久方振りに温かいというか熱い家族の感情のやり取りの光景を観れたな。結構な言い合いの様であったけれども、しがらみやよそ様の目(世間体)による屁理屈(ご都合)一辺倒なものでは決してなく感情の発露の様も憎悪や因縁が後引かず言い合い涙流してすっきりという感じがよかったな。

やりあってる当人たちにしてみればご馳走に手を付ける気すらなくしての感情のぶつかりあいで得する人は誰もいないけど。それでも時をおけば家族の和が深まるという決して不毛なものではないというまさに「雨降って地固まる」。

こういうの観ると今の家族って家族喧嘩が下手なんだなというのが分かるような気すらしてくる。結論を急ぎ過ぎての勝った(言いくるめた)負けた(反論できなかった)にこだわりすぎるんだろうかな。大滝さんの役者力を観たという感じでしょうか。いいもん観たな。

なんかもう別に逃げた旦那が帰ってこようがこまいがどうでもよくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ジョーカー 許されざる捜査官 その2

 単なる現代版仕掛け人とならないように色んな伏線を張っているけれど、明るい未来が描けない空気感が満ちていてやるせなさが余韻として残りますなあ。

徐々に露わになってきている過去の因縁。子どの頃に

冒頭に流れるテロップは何に対する挑発なんでしょうね。

一連の神隠しは個人営業によるものなのか仲間を伴っての共同作業なのか。一人手を挙げたけど。今後どうなるんでしょ。

仕掛けられる側のえぐさは江戸の世の悪党の方がシンプルイズベストであり葬られる様を見て爽快な感じがしたけど現代の法で裁けない悪党は狡い(こすい)分葬られて当然というより捕まえる側に何故ベストを尽くさないのかと思えてくるのはまだ他に捜査としての手段が残っているんじゃないかと映ってしまうからかも。

まあそんなこんなで今のところ共感を得にくい主人公でありますな。もう少し主人公を知る様が出揃ってからでないと落ち着いて観れないところです。つまり知らない事が多すぎる。

でも観ていて面白いですな。しゃかりきなあすか(杏さん)を観てるだけでも面白い。これで全容が見えてくればもっと面白くなるような予感がするところですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*いんで

「いんでもらうしかないねえ」だと「去って貰うしかないね」と訳すことになる。

「いね」だと「去れ」・「出て行け」という命令口調になる訳で、関西方面っぽい言葉のようにも思えるが全国的なものらしい。どこぞでは「帰れ」と訳されていたが「戻れ」というニュアンスではなくこの場から出ろというニュアンスの方が強いので「帰れ・戻れ」という訳は遠州ではざらつきを感じないでもない。

辞書を引くと「いぬ」(往ぬ)行ってしまう・過ぎ去る・死ぬという意の文語・方言形。とある。つまり正しくは「往ね」であり「去れ」でもあり「死んでくれ」でもあるという事である。遠州ではあまり「死」に関する事は指さない傾向にあり「いね」は「去れ」と言う意味使いが主流である。

話しは脱線するが、「鬼のいぬまになんとやら」を遠州弁だと「鬼んいんまになんちゃらか」とかになるのだがこちらは「居ん間」であって「鬼んいんでちゃっと逃げまい」とか言う場合の「いんで」(いないので)とは別物である。

ここで説明している「いんで」を使うとしたら「鬼にゃいんでもらってちゃっと逃げまい」(鬼には去って貰ってそのうちに逃げようぜ)とかいう使い方になる。漢字にすると「去ね」というのが意味としてははまるのだが正しくは「往ね」であるらしい。

「去った」というのを「いんだ」とか「去る」を「いる」などと言うかというと聞いた事がない。

まあ遠州弁からするとほぼ外来種的方言と思われ使い手は稀少であろうか。実用的な言い回しではなく日常会話では殆ど使われないが意味は通じる。

例文

「どうするう?大分予定時間越しちゃってるにいこの衆ら。」

「次ん予定と被るならいんでもらうしかないらあ。」

「どうやってえ。」

「どうせすかやあ。蛍の光りでも流さすかねえ。」

「そんなんでお開きになるだかいやあ。」

個人的にはなんかあるごとに「死ね」というよりも「いね」という言い回しが広まった方がちったあぎくしゃくしない世の中になるのではないかと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夏の恋は虹色に輝く その1

 いやあ、冒頭の海の画からしてけっこいぞ。こういう画好きだな。映像も愛でられそう。そういえば最近「画が~!」って思って観れてたドラマなかったなあ。久しぶりな感じがする。詩織(竹内さん)が駆けてる後姿の3パターンが印象的だったな。

で、お話しの流れでありますが、おいおいいきなりに大黒柱が折れるんかい。とにかくそれが意外だったな。

初回にして新たな展開ってのは。とりあえず現状を2・3話程描くのかと思ってたんで。それなりのぬるま湯(本人はなにも満足してないだろうけど)を描いて抜け出せない優柔不断な様をきちんと具体的に提示してくるんかいなと。それは違うでしょうにといったツッコミを視聴者にさせておいてから詩織(竹内さん)の取る行動は過激だけど言う事はもっともだと思わせておいてからのぬるま湯から抜け出す為のカンフル剤というなら納得ですけど。もちろん死なないというのがベストでしたけど。

まあ死んだからとてその偉大さゆえに今後の七光りが陰り始めるという筈もないでしょうから金銭的なプレッシャーが与えられたという事が大事なことなんでしょうかね。

ところで番組中に流れるブラジャーのCmがなんか目立ってたけどこのドラマは露骨とまではいかないにしてもターゲットが女性という事に絞られてるのだろうかしらん。だとしたらおっさんがあんましとやかく言う筋合いじゃないのかもしれないけど。

でも一人の役者さんの成長記という側面が充実すれば私みたいなおっさんでも観れる感じがするところでそういう点に注目したいところでありますな。なにせいきなり恋に落ちたと宣言させてるからそこに至るまでの紆余曲折のジクジク感が省略されたって事で明朗快活に観れそうだからたとえ恋のお話しが主題であってもついていけそうだから。

そんなこんなでとにかく私でも楽しめそうな月9という予感がしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハンチョウ・神南署安積班3 その1(第3話)

 よーやっと美咲(ユイカ)が登場してきた。しかしてその人物像はと申さば

ストイックとがむしゃら、高邁と高慢とかいったものの違いが微妙なキャラでありますな。しゃかりき・急いてる・視野が狭い馬車馬とかいうものは伝わってくるけど。

でもその姿を見て初心忘るべからずと思い直した先輩がいるという。あれが刑事の初心か。いやそれとも所信なのかな。一心不乱というのは。

一言でいえば「突貫小娘」ってか。

愛すべきキャラかどうかは微妙だけど異質感は確かに出てるな。手練れ揃いの中で唯一に近い素人に毛の生えた存在という勢いか。そういう意味では存在感あるキャラクターだよなあ。いじられる側ではなくかき乱すタイプという事か。

優等生・協調性を優先して自分を抑圧してしまうというイメージがまず浮かぶだけに、これは新たなイメージを求めての挑戦という事か。

ただなんでしょうチームにとっては劇薬のような影響を与えそうなのでそうそうは登場しないのかもという危惧が湧いてくるところですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*金槌の言い方

普通は「かなづち」か「とんかち」と言うかな。

他の言い方を思い連ねて挙げてみると

「金槌」・「なぐり」・「げんのう」・「木槌」(きづち)・「さいづち」(木のとんかち)・「プラハンマー」(プラスチックのとんかち)・「ハンマー」

とかを言うけど。それぞれ用途によって材質とかも違うのであり。滅多に触らないど素人だとやはりなんでもかんでも「とんかち」と称すかな。だから私はなんでもかんでも「とんかち」と言う傾向にある。

例文

「よしっ。やらすかな。やい、なぐりくりょ。」

「はいね。」とポカリと一発。

「やいなにするだあ。ど痛えじゃねえか。」

「いやあ気合入れて欲しいだかと思って。」

「ばかっつら。とんかちだ。」

「随分じゃんいくらボケかましたたあゆえ、とんちんかんたあなによを。」

「おんしゃ耳ん馬鹿か?金槌だっつってんの。」

「そんならそうと最初からゆってくれりゃいいじゃん。」

「ってお前なにそこんさあの水掻き出してるだあ。」

「いや泳げんもんで水怖いもんでどかいて欲しいだら?」

「てめえなあ。げんのうっつやあ分かるだか?」

「まだげんなりするほど働いてもしん。それとも脳が減するほど疲れたってか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

GM~踊れドクター その1

 後藤英雄(東山さん)。こいつアホだ。他のお医者さんもぶっ飛んでいるけど輪を掛けてアホだ。でもそんなアホが凄い仕事を為すっていうギャップが面白いですなあ。田部さんの猛獣使い振りもなんか悦だし。

本人の意思に反して医師という副業の方が石の上にもン十年という本業よりも認められるというのは人として果たして幸か不幸かというこを問うているのであろうかしらん。

平々凡庸な一般ピーポからしてみれば本業も副業もさっぱりで夢すら描けぬ人生であることからすればそのうちどっちかが優れてるというだけでも幸せと言えるのでしょうが、雲上の世界に存在するアホさんにとってはそうでもないみたいですね。とても今の境遇に満足はしていないようです。

人に認められる・必要とされることが生きてく上で張り合いとなるということは雲上人でも平民でも同じでしょうから、尊敬すらされる副業であれば普通はそれが必然的に本業へと移行してくんじゃないのかと思えるのに、それでもまだ本業の夢を追う為に苦悩してるところが「アホ」に映るんでしょうかねえ。

自分に正直と言うか居心地の良さ(快感)だけを求めていったところで何かを為せるということでは必ずしもないという事を示している訳で。なにが天職かなんて自分じゃ分からないということなんでしょうか。

まあそんなくだらない話しはこれくらいにしといて、キャラが立ってますなあ。このチームスタッフが本気出したらどうなるんだろうという興味が湧いてきますな沸々と。

明快な悪意(潰してやる)が介在してる世界でもある訳で、それとの確執という側面も存在してるけど米国ドラマなら障害(単なる障害)として映るけど、日本だとそれがドロドロに映る陰湿さ(湿気の多さ)に映る事が多いから出来れば早々に決着つけて一丸になって盛り上げてく展開に早くなって欲しいな。

それにしても医者のバイトって。しかも研修医が雇い主とはなんたるちや。いまどき漫画でもこんな設定思いつかないよな。なにはともあれ一刻も早く病院に認知された正式な一員として描いて欲しいところですな。

それと医療ミステリーと謳っているけど一難去ってまた一難みたいな起伏がちょっと感じられなかったな。まあ初回ということで人物と背景紹介に時間が大分とられたというせいなんでしょうけど。

これの最後のハッピーエンドが無事ダンサーとして名をはせることができたという筈はなく、お荷物チームの立て直しということと予測される訳ですがどうなるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

*がつら

「がてら」の訛ったもの。

「作業しがてら」を「作業しがつら」という風になる。

意味的に変化がある訳ではない。この言い方が遠州独自かというとそうでもないだろうが遠州でも使うよということで。男女共用。

例文

「何時間も勉強してもおぼわさらんよを。どうしてだかいねえ。」

「時間長くたってあんた音楽聞きがつらだもんで身が入ってんでだらあ。集中力足らんだよきっと。」

「失礼しちゃうやあ音楽ばっか聞いちゃいんでねえ。音楽ばっかじゃ息抜きんならんもんであいさに漫画読んだりテレビ録画してたの観てるとかしてるだでねえ。」

「あんたねえ。」

「何よを。」

「勉強しがつら憩いでるだらあ。憩いでる方ばっかに集中してて勉強は かっこばっかじゃないのけ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年7月11日 - 2010年7月17日 | トップページ | 2010年7月25日 - 2010年7月31日 »