« 流れ星 その8 | トップページ | タモリ倶楽部にユイカ »

*「どえらい」と「ばかしんどい」

「どえらい」と「ばかしんどい」。

共に「とても大変」と言っている。困難だという意でも体に堪えるという意でも使う。

では、どっちの方がより大変に聞こえるか。

言い方・使いどころによっても違うところでありあくまでの一例であるが、まず「えらい」と「しんどい」の使い分けを考えてみると

現在その状況に置かれているという場合

「えらい」は今の状態を考えると先行き不安だという勢い。

「しんどい」は今の時点で余力がないという勢いに聞こえる。

次に「ど」と「ばか」をはめるとどうニュアンスが変わるかという点。

「どえらい」と「ばかえらい」

「どえらい」だと無理と訴えてるような状態と聞こえ

「ばかえらい」だと愚痴っぽい弱音という勢いに聞こえる。

こうしたことから「ど」の方が深刻っぽく聞こえ「ばか」には多少の余力があるように聞こえる。

ちなみに「しんどい」の場合は「ばか」使いがほとんどで「ど」は使わない訳ではないが頻繁に使われる言い回しではない。

こうしたことから、「どえらい」の方が大層感が「ばかしんどい」よりも強いというニュアンスであると考えられる。それと共にそれでもやるとなると悲壮感が「どえらい」には加算される感じがする。

したがって

「どえらい」に対しては「無理すんなよ」とかいう労わりの返答が角が立たず「厭ならやめな」とかいった突き放すような言葉を発すると「鬼」と思われる結果になりがちであろう。場合によっては激励でもいい結果にならない場合がある。

「ばかえらい」に対しては労わりも十分有効ではあるが、「そうゆわすと頑張りない」とかいう激励を発しても問題ないし言い方にもよるが「ほれやりない」とか発破かけても左程悪い事にはならない。

何かをこれからしようという人に対し忠告として「どえらいからやめな」と言うのと「ばかしんどいでやめな」と言うのとでは違うのである。止めるつもりなら「どえらい」を使い馬鹿見るよという程度なら「ばかしんどい」を使うといった使い分けであろうか。

|
|

« 流れ星 その8 | トップページ | タモリ倶楽部にユイカ »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50126000

この記事へのトラックバック一覧です: *「どえらい」と「ばかしんどい」:

« 流れ星 その8 | トップページ | タモリ倶楽部にユイカ »