« 流れ星 その10 | トップページ | フリーター、家を買う。 その10 »

*らあ=ろう

「らあ」は「ろう」と訳すのが分かりがいいのではと以前書いたが、その変化の流れを書くと以下のようになるのでは。(あくまで推測です。)

「らあ」→「らう」→「ろう」

「だらあ」→「だらう」→「だろう」

「ら」→「ろ」

例えば「行くだらあ」では「行くだろう」という事である。

「行くら」だとその訳は「行くろ」という事になる。共通語的にはおかしいのであるがこういう言語なんだということであろう。遠州弁には存在する言い回しである。

そして「そうだろ」といよりも「そうだろう」という方が正しい言い方であるとするならば

「だらあ」(だろう)こそが正しく「だら」(だろ)は雑な言い方と考えられるところである。

もっともこの屁理屈には無理があるというか大きな弱点は、「らう」・「だらう」なんて言い方読んだことも聞いた事も無いという点にある。

ところで「ろう」という言い方であるが共通語では「だろう」のみであって「ろう」という言い方はないのであろうが、「そうせるろう」という言い方は東海では実際存在するところであり遠州では「らあ」と「ろう」はそのニュアンスが違うものとして使い分けしている。

「ろう」は確信度合いが強い勢い目の推測や予測であり

「らあ」はそれより確信があるわけではない憶測や予感という使い分けである。

「雨が降るろう」と「雨降るだらあ」では降水確率が違って聞こえるのである。

このようになんでもかんでも「らあ」と発してる訳ではないのである。

ところでこの「ら」と「ろ」の関係、「ら」が「ろ」より古いのか「ろ」の変が「ら」なのか。

「ら」は古語の「らむ」の変だという考え方もあるくらいだから現代使いの「ろ」よりも「ら」の方が古いのかな。根拠はないけど。

例文

「○○は持ってった方がええだかいやあ。」

  (○○は持って行った方がいいのかな。)

「誰か持ってくるらあ。荷物これ以上重たくしたかないでいいら持ってかんでも。」

  (誰かがもってくるだろう。荷物これ以上重くなるの嫌だからいいよ持って行かなくても。)

「ふんだだこんこいたってもし誰も持ってこんかったら往生こくにい。」

  (そんなこと言ってももし誰も持って来なかったら厄介な事になっちゃうよ。)

「あいつ心配性だで持ってくるろう。大丈夫だよ。」

  (あいつなら心配性だから持ってくるよ。大丈夫だって。)

「あいつって誰よを。」

「やっさ。」

  (やす君。)

「今回来もしん。駄目じゃん。」

  (今回来ないじゃないか。駄目じゃないか。)

|
|

« 流れ星 その10 | トップページ | フリーター、家を買う。 その10 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50224090

この記事へのトラックバック一覧です: *らあ=ろう:

« 流れ星 その10 | トップページ | フリーター、家を買う。 その10 »