« SPEC・警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿 その10 | トップページ | *そうさあぁ »

*「よう」と「ふう」

「なんでそういう様な物の考え方なんだ?」。

「なんでそういう風な物の考え方なんだ?」。

こういった使い方の場合、遠州人はどちらかというと「風」を主に使う種族のような気がする。

流石になんでもかんでも「よう」より「ふう」ということで「見よう見まね」を「見ふう見まね」とか捻じ曲げて言う事はないが。

辞書には

「風」(生活上の)様式。

「様」{造語}どういう風・にするか(な状態であるか)を表わす。とある。

正直なんのこっちゃでよく分からない。説明もそうだが様が造語というのもあれまである。(これは昭和の辞書での説明である)

これがネットの辞書だと随分と趣が変わって細かい説明がどちらにもなされている。

大雑把に説明の意味を書くと

「風」方式・やり方。様式・状態・ふり。

「様」有り様・すがた・様子。やり方・方法。

(あくまで「様」は「よう」で調べたもので「さま」で調べたものではない)

やり方ということで手段・手法を指すということではどっちを選んでも同じということであろうか。様式という事で「風」には決まった・お決まりの・いつものといったパターン性が加味されるという部分が有るようにも思えるところである。

「やりたい風にやりゃいいじゃん」と「やりたいようにやりゃいいじゃん」だと

自分のお決まりのパターンでやればいいじゃないかというニュアンスでいいたいのなら「風」で

自分が思い描く形でやればいいじゃないかというニュアンスであれば「よう」を使うのが辞書の理屈と合うところではあるかな。

どっちが自分勝手ととられやすいかというと遠州では「よう」とした方がそう取られやすいところで、頑固・こだわり・融通が利かないといった勢いでなら「風」ということか。

他には「風に見える」だと「っぽく見える」。「ように見える」だと「みたいに見える」という感じでどちらがらしく見えるかといったら「ように見える」という言い方の方であろうか。それと「風」を「具合」に置き換えても成立するところでもある。

「そういった風に」=「そういった具合に」。

「風」との比較ではないが「様」は「方」という意味の使い方もするところである。

「他にやり方があるだろう」というのを「他にやりようあるらあ」といったふうに。

で、まあとにかくこのような違いが「ふう」と「よう」にはあるのであるが、遠州人は最初に述べたふうに「ふう」をの方を多く使う種族である、が、その理由は上記の説明では説明となっていない。

もしかしたらきちんと使い分けをしていて「ふう」が多用されるというのは勘違いしてるだけなのかもしれない。でも「という」を「つう」・「ちゅう」と言うのが遠州人であるがその際「つうよう」・「ちゅうよう」と言うよりも「つうふう」・「ちゅうふう」と発する方が言い易いと思えるのは確かである。

結論に決め手がなくえらい歯切れの悪い記事になってしまったがしょうがない。

ところでどっちが古くからある言葉なんだろう。

|
|

« SPEC・警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿 その10 | トップページ | *そうさあぁ »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50116493

この記事へのトラックバック一覧です: *「よう」と「ふう」:

« SPEC・警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿 その10 | トップページ | *そうさあぁ »