« 「いじめる」と「いぢめる」 | トップページ | 年の終わりに »

火害・水災

水害とは言うが火害とは言わない。火災とは言うが水災とは言わない。

害と災とはどう違う?想像するに、災いは避けようがない(為す術がない)が害は防げるということか。それとも水の被害という意味の害であろうか。

辞書を引いてみると

「害」そのものの存在を危うくするような悪い・結果(影響)

「災」人間社会にとってありがたくない、自然の出来事。わざわい。

とある。

分からん。

害を使う言葉で思いつくのは、塩害・煙害・被害・有害・無害

災で思いつくのは、人災・天災・労災・災難

被害の規模や原因による区別とも思えない。いくらなんでも「火害」は課外・加害・被害と「水災」は水彩とかと誤解するからということではなかろうに。

「害」と「災」の使い分けはホントよく分からない。

|
|

« 「いじめる」と「いぢめる」 | トップページ | 年の終わりに »

4・言葉の彩?綾?誤?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/48899419

この記事へのトラックバック一覧です: 火害・水災:

« 「いじめる」と「いぢめる」 | トップページ | 年の終わりに »