« 流れ星 その9 | トップページ | ギルティ 悪魔と契約した女 その10 »

*「だがや」と「だかや」

「そうだがや」だと「そうなのだ」と訳がバ○ボンのパパ風味に聞こえてしまうのできちんと訳すと「そうであろうや」辺りになるのであろうか。名古屋の言い回しである。

遠州弁はというとこういう言い方は皆無ではなかろうが殆どしない。遠州弁ではないのでいつも以上の憶測であるが共通語の「しかし」といった意味の「だが」と名古屋弁の「だ」+「がや」の違いさえ理解すれば左程混乱することはないのであろう。

遠州での言い方としたら「そうでえの」・「そうだあな」・「そうだあれ」辺りであろうか。

「そうだかや」は「そうなのかな?」硬めに訳すと「そうであろうか」辺りか。これは遠州弁として使われている。名古屋でこういうニュアンスとした言い方をするのかは不明。

「そうだかや」→「そうだかな」→「そうなのかな」という流れであろうか。実際のところはもっと複雑でニュアンス通りの共通語が見つからない。

たとえば「なにゐゑ、わしやるだかや」だと「なんだよ俺がやるのかよ」

「やっぱわしんやるだかや」では「「やっぱり俺がやるのかなあ」とかになる。

つまり「や」もしくは「かや」のニュアンスが一通りではないということであろう。

これが「だか」であれば「のか」と訳してざらつき感はなく

「なに?わしやるだか?」で「なに?俺がやるのか?」

「あ~やっぱわしんやるだか」だと「あ~やっぱり俺がやるのか」

「や」もしくは「かや」に関してはまた別の記事で表わすとして

「そうだかや」と「そうだがや」。似てそうで全く違う意味。ほぼ単なる語呂遊びの領域に入る比較である。

ちなみに「だがや」は遠州弁では「だあれ」、「だがね」は「だいね」とかが同じようなニュアンスの言葉ということになろうか。

|
|

« 流れ星 その9 | トップページ | ギルティ 悪魔と契約した女 その10 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50118382

この記事へのトラックバック一覧です: *「だがや」と「だかや」:

« 流れ星 その9 | トップページ | ギルティ 悪魔と契約した女 その10 »