« 霊能力者 小田霧響子の嘘 その9 | トップページ | 流れ星 その8 »

*いくだ

古語辞典で

「いくだ」(幾だ){副詞}いくら。なにほど。いくばく。とある。

辞書にはない。おそらく「いくら」だろうなということで

「いくら」(幾等){副詞}「ら」は接辞。①どれほどの・値段。②そんな(に)。「費用はいくらでもない」。③どんなに。「いくら走っても大丈夫」。とある。

近いけどなんか違う気がしてくる。そこで「いくら」が古語辞典にあるか調べてみると、記載があった。

「いくら」(幾ら){副詞}①できる。②うまくいく。③具合がいい。うまい。

なんか随分と離れてしまった感がある。今使われてる「いくら」と古語の「いくら」は似て非ざるものなのだろうか。

「いくだ」を遠州弁と合わせると

「いくだもあらすけえ、とんじゃかねえわ」

  (いくらもないよ。構ったこっちゃない。)

とかになりそうだ。ちなみにもちろん「いくだ」は遠州弁として使われてはいない古語である。

例文(あくまで言葉遊びですのでお間違いなく)

「市民会館まで行きたいだけど、こっからだとどんくらいかかるだかいねえ。」

「なんでいくだ?歩いてくだ?まあ歩きでもいくだもないだで10分みときゃいけるかあ。」

  (どうやって行くの?歩いて行くの?でも歩きでもいくらでもないから10分見ておけば行けるかなあ。)

ん~なんか訛ってるように聞こえるなあ。というか馴染んでる。とても古語という気がしない。なんかこういう使い手がいても不思議じゃないように思えてきた。

|
|

« 霊能力者 小田霧響子の嘘 その9 | トップページ | 流れ星 その8 »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50206421

この記事へのトラックバック一覧です: *いくだ:

« 霊能力者 小田霧響子の嘘 その9 | トップページ | 流れ星 その8 »