« 「しょって立つ」と「せおって立つ」のの印象の違い | トップページ | 火害・水災 »

「いじめる」と「いぢめる」

もう完全な言葉の誤での綾の世界だが

「いじめる」と「いぢめる」は受けるニュアンスが異なって聞こえる。

「いじめる」からは虐げるとかいった陰鬱(ざまあみろ的)なものを背景に感じるが

「いぢめる」からはかまうというかちょっかいを出すというものを感じる。

古い喩えだがスカートめくりは「いぢめる」であり文房具を隠したりするのは「いじめる」であろう。

どちらも片や好意の裏返しで片や自分と異質なものへの反応といった本心からは外れる屈折した行為であろうがまだ「いぢめる」とした方が可愛げが見えてくるような気がする。もちろんやられる方にしてみればどちらも迷惑千万である事に変わりはないのだが。

本心を悟られたくないからこういう行動に出るという面もあるだろうから「本当は好き(気になる)なんでしょ」なんて核心を突かれたらかえってより本心とは異なる行動や発言に討って出るなんてことになりかねないわけで。一体どのようなところに着地したいのかおそらく本人すらもわかっていないんだろうな。

「いじめる」は漢字で表わすと「「苛める」・「虐める」。これはまごう事なく存在する言葉である。大人のそれはストレス発散のはけ口みたいなもので「馬鹿」がやる事であってそれはもうお話しにもならない愚行であるが子供のそれは子供が持つ鋭い感性から異質なものを嗅ぎ取る事から始まるのだろうかな。劣るという事だけでなく光って映る事に対しても同じ反応をしたりもするのであろう。なんとなく思えることは「いじめる」側の奴が大人になって大成するという事はほとんどなく凡庸として終わり「いじめられた」側が大人になって名を残すという事が多い風に映るところである。誰かを「いじめた」時点でその人間の器の広さの成長が止まるもしくは負けているということなのだろうな。

で、話しを変えて「いぢめる」。これは辞書にはないから妄想上の言葉なんだろうな。じゃあ妄想上の言葉の「いぢめる」にはなんという感じがはまるかと想像を働かせるに「いぢめる」というひらがながはまりそうだかなあ。カタカナじゃイメージ湧かないところである。でもなんだろう。気になるからと「いぢめて」その恋が成就するなんてお話し聞いたこともないのでほぼ自爆好意なんだろうな。

こういう感覚と同じ表現をしてる作品はというと、シチュエーションは異なるけれど「鉄○バーディ」で使われてたなあ。どれくらいの人がこの違いを感じて使い分けているんだろうか。

|
|

« 「しょって立つ」と「せおって立つ」のの印象の違い | トップページ | 火害・水災 »

4・言葉の彩?綾?誤?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50078231

この記事へのトラックバック一覧です: 「いじめる」と「いぢめる」:

« 「しょって立つ」と「せおって立つ」のの印象の違い | トップページ | 火害・水災 »