« タモリ倶楽部にユイカ | トップページ | ギルティ 悪魔と契約した女 その9 »

フリーター、家を買う。 その8

 少しづつ明るい方向に向かいつつあるのに最後善意とは程遠い罠に絡められるというのは、なかなかに一息つかせない連続感がありますな。反復ではないけれどまたかよって感じで。

劇的なものは無いけれど実際生きてると有り得るよなと思える事の中からできれば避けたい事象を組み合わせるとこうなるのかという説得力がありますな。

それでも自分の事を気にかけてくれる他人がいるということはそれだけでも恵まれてると思えるから、決して最悪の孤立無援な状態の中でもがいてる訳じゃなく。だから頑張れてるんだといった勢いでしょうか。閉塞感や絶望感が希薄なところが観易いところでありましょうか。諦めれば済む話しじゃないってとこもあるし。

必要とされてるところに行く事がいい事なんじゃないのかと思うだけに就職活動そろそろ切り上げて大悦土木で頑張ろうという筋書きにはならないのかな。まあ今の状態で必要とされてるかどうかの確証は掴めませんが。

というか私の見方が悪いせいなのか就職してその会社でなにしたいのかという夢が見えてこなくて、採用されればそれでいいのかという疑問が拭えないところですな。

この就職難のご時世において「なにとろくさいことぬかしとんじゃ。」と言われてしまえばおっしゃる通りではありますが。

結局は何をしたいじゃなくて自分の居場所がそこにあるかどうかという事が大事なんでしょうねきっと。そういうのは入ってみなくちゃ分からないぞと。

大悦土木はそれが実証済みだということでいいんじゃないのかと思えるところですな。

というかそれよりホントに家買えるのか?今の勢いで。

|
|

« タモリ倶楽部にユイカ | トップページ | ギルティ 悪魔と契約した女 その9 »

2・2010年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/50240301

この記事へのトラックバック一覧です: フリーター、家を買う。 その8:

« タモリ倶楽部にユイカ | トップページ | ギルティ 悪魔と契約した女 その9 »